クラシック音楽 日本の歌


バックナンバー 2015年 4月

2015年4月29日

♪ 書籍:「ふるさとの歌がきこえる」(全曲CD付き)


書名:ふるさとの歌がきこえる~歌いたい、伝えたい・・・「50~70代が選んだベスト50曲(CD付き)」~

【春】どこかで春が/春よ来い/早春賦/春の小川/めだかの学校/うれしいひなまつり/春がきた花/さくら/仰げば尊し/朧月夜/みかんの花咲く丘/鯉のぼり/背くらべ/荒城の月

【夏】シャボン玉/故郷/夏は来ぬ/茶摘/汽車/たなばたさま/浜辺の歌/我は海の子/椰子の      実/海/通りゃんせ /この道/五木の子守唄/夏の思い出/夕焼小焼

【秋】ずいずいずっころばし/箱根八里/赤い靴/青い眼の人形/赤蜻蛉/ちいさい秋みつけた/      里の秋/紅葉/あんたがた何処さ/旅愁

【冬】七つの子/たきび/かあさんの歌/砂山/ふじの山/お正月/雪/ペチカ/冬の星座/蛍の光

写真:吉野晴朗

音楽:山崎幸次

企画:三芳伸吾

発行:パイ インターナショナル

                                     ◇

 
 日本の歌は、情感で聴くことができると同時に、懐かしい故郷の情景が目に浮かび、誰の心も癒される。それらは、あまりに身近な曲なため、改めて「曲名を挙げてごらん」と言われると、10曲ぐらいはすらすらと出るかもしれないが、意外に何十曲も言えないものだ。

 そんな時、座右に置いておくと便利なのが、この本「ふるさとの歌がきこえる」(発行:パイ インターナショナル)である。

 これは「春の小川」「浜辺の歌」「小さい秋見つけた」「たきび」・・・など、50~70歳の人々のアンケートから厳選された、50曲の代表的な日本の歌が載っている。

 ページをめくりながら、こんな曲もあったな、あんな曲もあったなと思い出すことができる。一曲づつの歌詞が全文掲載されているうえ、それらの曲の簡単な成り立ちの解説文も添えられている。

 そして何よりも素晴らしいのが、その曲に相応しい美しい写真が1ページを使って大きく掲載されていること。例えば、「仰げば尊し」の曲ページには、小学校の校庭にぽつんと立つぶらんこの上に、桜の花が咲きそろった写真が掲載されている。

 何気ない風景を写した写真なのだが、日本の原風景を見ているようであり、誰の心にも懐かしさが込み上げてくることであろう。それに加え、50曲すべてを収録したオリジナル制作のCDが付いているのも嬉しい。

 懐かしい故郷の風景が毎年毎年壊されていくなか、この本の中だけには、50曲の日本の歌とともに、美しい日本の原風景がくっきりと残されている。(蔵 志津久)

コメント/トラックバック投稿 »


2015年4月28日

♪ 白石佐和子のCD “にほんのうた~花の街~” を聴いて 


花の街           詩:江間章子/曲:團伊玖磨
朧月夜           詩:高野辰之/曲:岡野貞一/編曲:村木ひろの
四季の雨         文部省唱歌
夏の思い出        詩:江間章子/曲:中田喜直
ちいさい秋みつけた   詩:サトウハチロー/曲:中田喜直
里の秋           詩:斎藤信夫/曲:海沼實
ペチカ            詩:北原白秋/曲:山田耕筰
この道           詩:北原白秋/曲:山田耕筰
からたちの花       詩:北原白秋/曲:山田耕筰
日記帳           詩:藤田圭雄/曲:小林秀雄
宵待草            詩:竹久夢二・西條八十/曲:多忠亮
浜千鳥            詩:鹿島鳴秋/曲:弘田龍太郎
さくら貝の歌        詩:土屋花情/曲:八州秀章
出船             詩:勝田香月/曲:杉山長谷夫
浜辺の歌          詩:林古渓/曲:成田為三
お山の細道        詩:おのちゅうこう/曲:尾高惇忠
たままゆ          詩:堀口すみれ子/曲:尾高惇忠
平城山           詩:北見志保子/曲:平井康三郎
初恋             詩:石川啄木/曲:越谷達之助

ソプラノ:白石佐和子

ピアノ:尾高惇忠

CD:R-1380743

 ある日何気なく、混声合唱団「FORESTA(フォレスタ)」のメンバーで、ソプラノ歌手の白石佐和子さんのホームページを見ていたら、「初めてのソロアルバム『にほんのうた~花の街~』をリリースしました♪」と書いてあるのを見つけ、早速、購入することに決めた。決めた理由は、勿論、白石佐和子さんの歌声を聴きたいということなのだが、その選曲にも大いに引き付けられたからだ。つまりこのCDは、私が特に好きな曲が集められている。中でも、このCDの最初の曲が大好きな「花の街」で、しかもこのアルバムのサブタイトルにもなっているではないか。実は、好きな曲でありながら、恥ずかしいことに、私はこのCDが届くまで、「花の街」の真の意味を知らなかった。

 このCDのライナーノートから何故「花の街」という名前が付けられたのかを紹介しよう。「戦後、夢と希望を託して、詩人(注:江間章子)は“花咲く街になって欲しい”という願いを込めて『花の街』という幻想の世界を書き上げた。3番の『泣いていたよ。街の角で・・・』は、戦争での苦しみや悲しみを映し出したものである。曲(注:團伊玖磨)はオーケストラ風の壮大な前奏から始まり、歌う度に明るく、温かい心を持って歩もうと強く思わせられる」。

 つまり「花の街」とは、戦争による廃墟から立ち上がろうとする庶民の心を歌った歌であったのだ。今でも戦火が止まない世界を思うと気が滅入る。しかし、阪神・淡路大震災や東日本大震災などで、恐怖や苦しみや悲しみを乗り越え、復興への途上にある今の被災地の方々にとって、この「花の街」は大いに励しになる曲だと思う。戦禍と等しく自然災害は、人々に恐怖と苦しみと悲しさをもたらすのだから。

 このCDでの白石佐和子は、全ての曲で透明感のある、深い情感に溢れた歌唱を聴かせてくれる。その安定感のある伸びやかな歌声を聴いていると、“にほんのうた”の本当の良さが心に強く響いてくる。私は、このCDを、一度真夜中に聴いたところ、次の夜も聴き、さらに次の夜も聴きくことになってしまった。白石佐和子の歌声には、どこか懐かしさが込められていて癒される。そして、このCDで伴奏している日本を代表する作曲家である尾高惇忠のピアノの音が、限りなく美しい。お二人は、とても相性が良い組み合わせだと思う。

 白石佐和子は、このCDについて次のように書いている。「歌への愛情と聴いて下さる方々へ感謝の気持ちを込めて、一曲一曲大切に歌わせて頂きました。おやすみ前に、車のBGMに、憩いの時間に…希望に満ち溢れた歌声が皆様に届きますように…」。白石佐和子さん、本当に心のこもった美しい歌声のアルバムをありがとう。どうかこれからも“にほんのうた”を歌い継いで行ってください。(蔵 志津久)

コメント/トラックバック投稿 »


2015年4月26日

♪ 服部克久氏の選んだ「戦後を代表する10の楽曲」とは?  


 作曲家・編曲家の服部克久氏の講演会「戦後70年の記憶『戦後70年 音楽の記憶をたどる~あの時、この曲が選ばれた~』」(主催:朝日カルチャーセンター新宿教室)が7月4日に行われるというので、受講することにした。受講理由の一つは、案内書に「服部克久さんが、戦後を代表する10の楽曲を選びます」と書かれていたことに大いに心が引かれたからだ。安保法案などの“行く末”はともかくとして、戦後70年という区切りで、いったん立ち止まり、“来しかた”を振り返るのも、また意味があるのに違いあるまいと考えた。

まず、服部克久氏の略歴を見てみよう。1936年、作曲家の服部良一の長男として生まれ、成蹊高等学校を経てパリ国立高等音楽院へ留学。和声、フーガ、対位法を学んだ後、1958年卒業。帰国後すぐ、作曲活動に入る。1971年には、「花のメルヘン」で第13回日本レコード大賞編曲賞を受賞。その後、日本レコード大賞企画賞を2回(第32回:1990年、第40回:1998年)受賞している。現在までの作編曲タイトル数は、約6千曲、編曲スコア数7万曲を超えるという。現在の主な役職は、日本作編曲家協会会長、東京音楽大学客員教授。

さて、服部克久氏が選んだ、「戦後を代表する10の楽曲」とは?

               ①りんごの歌           (並木路子)
               ②東京ブギウギ         (笠置シヅ子)
               ③青い山脈            (藤山一郎/奈良光枝)
               ④有楽町で逢いましょう    (フランク永井)
               ⑤上を向いて歩こう       (坂本 九)
               ⑥悲しい酒            (美空ひばり)
               ⑦この広い野原いっぱい    (森山良子)
               ⑧卒業写真            (荒井由実)
               ⑨昴                (谷村新司)
               ⑩恋するフォーチュンクッキー (AKB48)

以上の10曲である。予想通りであったろうか。

当日の受講生は、ほぼ服部克久氏と同世代が多かったので、次のような質問が飛び出した。

<質問>「最近の若者の歌は分からない。服部先生はどう思うか」

<答え>「昔の歌は音声だけだったわけだが、最近の歌は、踊りや照明など音声以外の要素を取り込んでいる。総合的な観点からとらえねばならない。どちらがいいとか、悪いという話とは異なる。ただ、昔は作詞・作曲者が表面に出たが、最近は表面になかなか表れないのは残念」

<質問>「最近の曲は軽薄では」

<答え>「昔も、チャッチャッチャッやマンボなんていうのもあった。あまり変わらない」

<質問>「日本の歌が世界に広がる可能性はあるのか」

<答え>「残念ながら言語の問題があり、日本の歌が世界に広がることは、なかなか難しいと思う。それだからこそ、我々が日本の歌をもっと大切にする必要性がある」

<質問>「最近『フォレスタ』などのような合唱が流行っているが、服部先生の意見は」

<答え>「『フォレスタ』などがテレビで歌っているのを聴く。合唱は体が楽器であり、歌を表現するのに最も適している。合唱が流行ってくれることを期待する」

服部克久氏の話は明快で、親しみ易く、好感が持てた。「美空ひばりはとても心の優しい人だった」など、昔の歌手の話がたくさん盛り込まれた楽しい講演会であった。最後には服部克久氏のピアノのソロ演奏のサービスもあった。是非続編を望む。(蔵 志津久)

コメント/トラックバック投稿 »