クラシック音楽 新譜CD情報


2018年8月16日

★伊ヴァイオリン界の巨匠、ジョヴァンニ・グリエルモのメモリアル盤


ヴィバルディ

ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 「お気に入り」 Rv.277
          独奏ヴァイオリンとエコー・ヴァイオリンのための協奏曲 イ長調 Rv.552
レスピーギ:リュートのための古風な舞曲とアリア 第3組曲
ポレーナ:ヴィヴァルディ

ヴァイオリン:ジョヴァンニ・グリエルモ

合奏:東京ヴィヴァルディ合奏団

CD:マイスター・ミュージック MM‐4036

 わが国のバロック演奏を牽引する東京ヴィヴァルディ合奏団と2017年に逝去したヴァイオリンのジョヴァンニ・グリエルモの共演盤。ジョヴァンニ・グリエルモは、イタリア合奏団の創設者で、ポリーニ音楽院の院長、オリンピコ劇場の芸術監督などを務め、イタリア・ヴァイオリン界を代表する重鎮として知られていた。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年8月13日

★気鋭の個性派スペシャリスト4人によるメシアン:世の終わりのための四重奏曲


メシアン:世の終わりのための四重奏曲

メシアン:世の終わりのための四重奏曲

       第1楽章 水晶の典礼/第2楽章 世の終わりを告げる天使のためのヴォカリーズ
       第3楽章 鳥たちの深淵/第4楽章 間奏曲
       第5楽章 イエスの永遠性への賛歌/第6楽章 7つのトランペットのための狂乱の踊り
       第7楽章 世の終わりを告げる天使のための虹の混乱/第8楽章 イエスの不滅性への賛歌

録音:2017年8月28~30日、ベルリン、Siemensvilla

クラリネット:マルティン・フレスト
ピアノ:リュカ・ドゥバルグ
ヴァイオリン:ジャニーヌ・ジャンセン
チェロ:トーレイヴ・テデーン

CD:ソニーミュージックジャパン SICC30482

 メシアン:世の終わりのための四重奏曲は、クラリネット、ピアノ、ヴァイオリン、チェロという楽器編成で書かれ、初演は1941年1月15日に収容所内で行われた。クラリネットのマルティン・フレストは、1970年スウェーデン生まれでクラリネットの魔術師の異名をもつ名手。ピアノのリュカ・ドゥバルグは、1980年生まれのフランス人で2015年チャイコフスキー・コンクールで頭角を現した鬼才。ヴァイオリンのジャニーヌ・ヤンセンは1978年オランダ生まれの実力派。チェロのトーレイヴ・テデーンは1962年スウェーデン生まれのベテラン。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年8月09日

★「パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール」第3位(日本人最高位)の正戸里佳のデビューアルバム


正戸里佳

ラヴェル:ヴァイオリン・ソナタ第2番
      フォーレの名による子守歌
ドビュッシー:星の夜
        ヴァイオリン・ソナタ
        亜麻色の髪の乙女
プーランク:愛の小径
       ヴァイオリン・ソナタ
       平和のためにお祈りください

録音:2018年1月31~2月1日、稲城iプラザホール

ヴァイオリン:正戸里佳

ピアノ:菅野 潤

CD:キングレコード KICC1455

 ヴァイオリンの正戸里佳は、広島市出身。10歳で、ルーマニア第2の都市ヤシにてモルドバ・フィルハーモニーとブルッフ作曲ヴァイオリン協奏曲を共演し好評を博した。その模様はルーマニア国営ラジオでも放送された。さらに13歳でポーランド国立クラクフ室内管弦楽団とメンデルスゾーン作曲ヴァイオリン協奏曲を共演。そして2006年には17歳で「パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール」で第3位を受賞(日本人最高位)。桐朋学園女子高等学校音楽科を首席卒業後、同大学ソリスト・ディプロマ特待生を経て2009年に渡仏。パリ国立高等音楽院修士課程をプルミエ・プリ(一等賞)およびフランソワーズ・ドゥロー賞を受賞し首席で卒業後、同音楽院アーティスト・ディプロマコースを修了。パリを拠点に、約10年にわたりヨーロッパ、アメリカなど各国でリサイタルやコンチェルト、室内楽の公演を行う。このCDはデビューアルバム。

 ピアノの菅野 潤は、桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業。来日したオリヴィエ・メシアン夫妻との出会いを機に、フランス政府給費留学生として、パリ国立高等音楽院に留学。ピアノをメシアン夫人のイヴォンヌ・ロリオ、室内楽をモーリス・クリュット、ブルーノ・パスキエ各氏に師事し、ピアノ科、室内楽科をそれぞれ一等賞を得て卒業。 その後、パリ・エコール・ノルマル音楽院に在籍し、審査員全員一致で演奏家資格を得て、ジェルメーヌ・ムニエ氏の助手となる。さらにヴラド・ペルルミュテール、ゲオルギー・シェベックの両氏について研鑽を積む。数々の国際コンクールに上位入賞の後、パリを拠点とし、内外で演奏活動を行っている。これまでに、バッハからメシアンまでのレパートリーを収めたCDがフランス、スイス、及び日本でリリースされている。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年8月06日

★イリーナ・メジューエワ 日本デビュー20周年記念リサイタル 2017~2018(ライブ録音)


イリーナ・メジューエワ

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第27番/第30番/第31番/第32番 ハ短調/バガテル ト長調 Op.126-5
リスト:告別(ロシア民謡)/ピアノ・ソナタ ロ短調/夢の中で(ノクターン)/エステ荘の噴水
ショパン:マズルカ(5曲)(Op.6-2, Op.17-4, Op.24-4, Op.41-2, Op.41-4)
      ピアノ・ソナタ第2番/子守歌
ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ 第2番/練習曲「音の絵」 ハ長調 Op.33-2/楽興の時 ホ短調 Op.16-4
メトネル:「忘れられた調べ」 より
       (夕べの歌 Op.38-6、田舎の舞曲 Op.38-5、波の舞曲 Op.40-5、優美な舞曲 Op.38-2、
        祝祭の舞曲 Op.38-3)
ショパン:ピアノ・ソナタ 第3番
      マズルカ イ短調 Op.67-4/練習曲 嬰ハ短調 Op.25-7/マズルカ ハ短調 Op.30-1
メトネル:おとぎ話 変ホ長調 Op.26-1

ピアノ:イリーナ・メジューエワ

録音:東京文化会館・小ホールにおけるライヴ録音
            2017年8月26日(ベートーヴェン)、2017年11月18日(ショパン)、
            2018年2月24日(リスト、ラフマニノフ、メトネル)

CD:若林工房 WKSP-1018~21(4枚組)

 ピアノのイリーナ・メジューエワ(1975年生れ)はロシア、ゴーリキー(現在のニジニ・ノヴゴロド)出身。グネーシン音楽学校でヴラディミール・トロップに師事。1992年ロッテルダムで開催された「エドゥアルト・フリプセ国際ピアノ・コンクール」で優勝。 以後、ヨーロッパ諸国で演奏活動を行う。1997年から日本の京都を本拠とし、アジア各国で演奏活動を展開。2015年第27回「ミュージック・ペンクラブ音楽賞」(クラシック部門、独奏独唱部門賞)受賞。現在、京都市立芸術大学音楽学部専任講師。この4枚組CDアルバムは、イリーナ・メジューエワが日本コンサートデビュー20周年を記念して東京文化会館で行った3回のリサイタル・シリーズのライヴ録音。更なる高みを目指して歩み続けるアーティストの、かけがえのない記録。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年7月30日

★鈴木秀美指揮オーケストラ・ニッポニカの芥川也寸志:交響曲第1番、交響三章


芥川

芥川也寸志:交響曲第1番、交響三章

指揮:鈴木秀美

管弦楽:オーケストラ・ニッポニカ

CD:オクタヴィア・レコード OVCL00660

 作曲の芥川也寸志(1925年―1989年)は、文豪・芥川龍之介の三男として東京・田端に生まれる。1947年東京音楽学校本科を首席で卒業。1950年「交響管絃楽のための音楽」がNHK放送25周年記念懸賞募集管弦楽曲に特賞入賞。同年「交響管絃楽のための音楽」が近衛秀麿指揮の日本交響楽団(NHK交響楽団の前身)により初演され、一躍脚光を浴びた。芥川の音楽界での功績を記念して、1990年サントリー音楽財団により「芥川作曲賞」が創設された。

 指揮の鈴木秀美は、神戸生まれ。「18世紀オーケストラ」「ラ・プティット・バンド」 等のメンバー及び首席奏者として活躍。鈴木雅明の主宰する「バッハ・コレギウム・ ジャパン」では創立から2014年まで首席チェロ奏者として、バッハの全宗教曲の演奏及び録音で通奏低音を務めた。1994年新設されたブリュッセル王立音楽院バロック・ チェロ科に教授として招聘された後、2000年に日本へ帰国。第37回「サントリー音楽賞」、第10回「斎藤秀雄メモリアル基金賞」を受賞。

 オーケストラ・ニッポニカは、2002年設立。日本を代表する作曲家の芥川也寸志の志を継ぐべく誕生したオーケストラ。本名徹次を初代音楽監督として活動を開始。日本人の交響作品を積極的に演奏していくこと、内外の埋もれた作品に光を当てて紹介していくことといった文化活動のみにとどまらず、さまざまな国(特にアジア)や分野(演奏だけでなく作曲委嘱など)において幅広く交流していくことなど草の根レベルでの国際交流をも活動の柱としている。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年7月26日

★桂冠指揮者アレクサンドル・ラザレフ指揮日本フィルのショスタコーヴィチ:交響曲第5番


アレクサンドル・ラザレフ

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

指揮:アレクサンドル・ラザレフ

管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団

CD:オクタヴィア・レコード OVCL00659

 指揮のアレクサンドル・ラザレフ(1945年生れ)は、ロシア、モスクワ出身。 サンクトペテルブルク音楽院、モスクワ音楽院で学ぶ。1971年「全ソ連指揮者コンクール」優勝。1972年「カラヤン国際指揮者コンクール」優勝。1973年ボリショイ劇場指揮者に就任。1987年~1995年ボリショイ劇場の音楽監督・首席指揮者に昇格し、芸術総監督の任にもあった。2008年~2016年日本フィルハーモニー交響楽団首席指揮者、2016年より同交響楽団桂冠指揮者兼芸術顧問に就任。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年7月23日

★イタリアで数々の賞に輝くソプラノ 藤田美奈子のデビュー・アルバム


藤田美奈子2

ベッリーニ:歌劇「夢遊病の女」〜お仲間の方々 … この晴れやかな日に
       歌劇「夢遊病の女」〜おお、私がただ一度でも … 私はお前がそのように早く萎れるのを見ようとは思わなかった
ヘンデル:歌劇「セルセ」〜 懐かしい木陰よ(オンブラ・マイ・フ)
      歌劇「リナルド」〜 涙の流れるままに
プッチーニ:歌劇「つばめ」〜 ドレッタの素晴らしい夢
       歌劇「ラ・ボエーム」〜私が街を歩くと
       歌劇「ジャンニ・スキッキ」〜 私の愛しいお父さん
ヴェルディ:歌劇「リゴレット」〜 慕わしい人の名は
       歌劇「椿姫」〜 不思議だわ … ああ そは彼の人か … 花から花へ
マスカーニ:アヴェ・マリア

ソプラノ:藤田美奈子

ピアノ:瀧田亮子

録音:2017年10月24日、26日、27日、三芳町文化会館コピスみよし

CD:アールアンフィニ(企画制作:ソニー・ミュージックダイレクト、発売:ミューズエンターテインメント)MECO‐1048

 ソプラノの藤田美奈子は、東京藝術大学声楽科卒業。同大学院オペラ科修了。第31回江副財団オペラ奨学生としてイタリアへ留学。ヴェローナを拠点とし研修を重ねる。イタリアのカリ市テアトロ・コムナーレのオペラ・フェスティバルにおいて、ヘンデル「アリオダンテ」ダリンダ役にてヨーロッパ・オペラ・デビュー。「カリ国際声楽コンクール」第1位、「テルニ国際声楽コンクール」最高位、「カルロス・ゴメス国際声楽コンクール」第2位、「ベニアミーノ・ジーリ国際声楽コンクール」第2位、「ビエッラ国際声楽コンクール」第3位を受賞するなどイタリアにて数々のコンクールに入賞。このCDは、藤田美奈子のデビュー・アルバム。二期会会員。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年7月19日

★ポーランド政府「グロリアアルティス銅メダル」受勲者 江崎昌子のショパン:ピアノ協奏曲第1番他


江崎昌子

ショパン:ピアノ協奏曲第1番
     演奏会用アレグロ

ピアノ:江崎昌子

指揮:飯森範親

管弦楽:日本センチュリー響

録音:2017年4月、ザ・シンフォニーホール(ライヴ録音)他

CD:オクタヴィア・レコード OVCT‐00135

 ピアノの江崎昌子は、桐朋学園大学を卒業後、ポーランド・ワルシャワショパンアカデミー研究科修了。1995年第6回「ミロシ・マギン国際ピアノコンクール」(フランス)第1位、1997年第4回「シマノフスキ国際ピアノコンクール」(ポーランド)第1位及び最優秀シマノフスキ演奏賞、1998年第21回「サレルノ国際ピアノコンクール」(イタリア)第1位及び最優秀ドビュッシー演奏賞。2010年ポーランド政府より,外国人に贈られる文化勲章「グロリアアルティス銅メダル」を受勲。これまでに11枚のCDをリリースし、現在ショパン全曲集録音を進行中。洗足学園大学准教授、日本ショパン協会理事。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年7月16日

★第59回グラミー賞受賞のソプラノ ドロテア・レッシュマンのモーツァルト:オペラ・アリア集


ドロテア・レシュマン

~モーツァルト:オペラ・アリア集~

歌劇「イドメネオ」K.366
   レチタティーヴォとアリア「ああ、狂いそうだ!ああ、怒 りに燃える!~オレストと」(エレットラ)[第3幕、第29曲a]

歌劇「皇帝ティートの慈悲」K.621
  アリア「ああ、私を喜ばせたいとお望みなら」 (ヴィテッリア)[第1幕、第2曲]

歌劇「フィガロの結婚」K.492
  カヴァティーナ「愛の神よ、安らぎをお与え下さい」 (伯爵夫人)[第2幕、第11曲]

歌劇「フィガロの結婚」K.492
  レチタティーヴォとアリア「スザンナは来てないのね ~楽しい日々はどこに」(伯爵夫人)[第3幕、第20曲]

歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.537
  レチタティーヴォ・アッコンパニャートとアリア 「何というひどいこと~あの恩知らずが私を裏切った」 K.540c(ドンナ・エルヴィー ラ)[第2幕、第21曲b]

歌劇「イドメネオ」K.366
  レチタティーヴォとアリア「親しい孤独よ~暖かい微風 よ」(イリア)[第3幕、第19曲]

歌劇「皇帝ティートの慈悲」K.621 
  レチタティーヴォ・アッコンパニャートとロンド 「おお、ヴィテッリア、今こそ~花の美しいかすがいを編もうと」(ヴィテッリア)[第 2幕、第22・23曲]

レチタティーヴォとアリア「いとしい人よ、さようなら~留まれ、わが心よ」K.528 (ティターノ)

ソプラノ:ドロテア・レッシュマン

指揮:ダニエル・ハーディング

管弦楽:スウェーデン放送交響楽団

録音:2014年11月10日~5日、ストックホルム、ベルワルトホール(ライヴ録音)

 ソプラノのドロテア・レッシュマンドイツ(1967年生まれ)は、ドイツ、フレンスブルク出身。ベルリンのアンサンブル団員を経て、ザルツブルクやミュンヘンに登場。レシュマンが注目されることになったのは1995年、ザルツブルク音楽祭におけるアーノンクールの指揮による「フィガロの結婚」のスザンナ役であった。モーツァルト歌いとして定評があり、当初はスザンナやパミーナを得意としたが、2001年「コジ・ファン・トゥッテ」からリリコに転向。以後、ヴィテッリア、伯爵夫人などにレパートリーを広げる。ベルリンでは、エルザやエーファなどワーグナーにも挑戦。内田光子がピアノ伴奏したCD(シューマン:リーダークライス、シューマン:女の愛と生涯、ベルク:7つの初期の歌曲)が第59回グラミー賞を受賞した。
 

 
曲目リスト

ディスク:1
再生: 歌劇「イドメネオ」K.366 レチタティーヴォとアリア「おお狂いそうよ!ああ腹が立つ!~オレステとアイアスの苦しみはこの胸のうちにあり」 (エレットラ) [第3幕、第29曲a]  1. 歌劇「イドメネオ」K.366 レチタティーヴォとアリア「おお狂いそうよ!ああ腹が立つ!~オレステとアイアスの苦しみはこの胸のうちにあり」 (エレットラ) [第3幕、第29曲a]

再生: 歌劇「皇帝ティートの慈悲」K.621 アリア「ああ、私を喜ばせたいとお望みなら」 (ヴィテッリア) [第1幕、第2曲]  2. 歌劇「皇帝ティートの慈悲」K.621 アリア「ああ、私を喜ばせたいとお望みなら」 (ヴィテッリア) [第1幕、第2曲]

再生: 歌劇「フィガロの結婚」K.492 カヴァティーナ「慰めの手を差し伸べてください、愛の神様」 (伯爵夫人) [第2幕、第11曲]  3. 歌劇「フィガロの結婚」K.492 カヴァティーナ「慰めの手を差し伸べてください、愛の神様」 (伯爵夫人) [第2幕、第11曲]

再生: 歌劇「フィガロの結婚」K.492 レチタティーヴォとアリア「スザンナは来ないかしら~どこにあるのかしら、甘くそして恋に生きた楽しかった日々は」 (伯爵夫人) [第3幕、第20曲]  4. 歌劇「フィガロの結婚」K.492 レチタティーヴォとアリア「スザンナは来ないかしら~どこにあるのかしら、甘くそして恋に生きた楽しかった日々は」 (伯爵夫人) [第3幕、第20曲]

再生: 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527 レチタティーヴォ・アッコンパニャートとアリア「神々よ、あんな大罪に~不実な魂に裏切られ」K.540c (ドンナ・エルヴィーラ) [第2幕、第21曲b]  5. 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527 レチタティーヴォ・アッコンパニャートとアリア「神々よ、あんな大罪に~不実な魂に裏切られ」K.540c (ドンナ・エルヴィーラ) [第2幕、第21曲b]

再生: 歌劇「イドメネオ」K.366 レチタティーヴォとアリア「仲良しの孤独よ~喜びをくれるそよ風よ」 (イリア) [第3幕、第19曲]  6. 歌劇「イドメネオ」K.366 レチタティーヴォとアリア「仲良しの孤独よ~喜びをくれるそよ風よ」 (イリア) [第3幕、第19曲]

再生: 歌劇「皇帝ティートの慈悲」K.621 レチタティーヴォ・アッコンパニャートとロンド「おお、ヴィテッリア、今こそ~花の美しいかすがいを編もうと」 (ヴィテッリア) [第2幕、第22・23曲]  7. 歌劇「皇帝ティートの慈悲」K.621 レチタティーヴォ・アッコンパニャートとロンド「おお、ヴィテッリア、今こそ~花の美しいかすがいを編もうと」 (ヴィテッリア) [第2幕、第22・23曲]

再生: レチタティーヴォとアリア「いとしい人よ、さようなら~留まれ、わが心よ」K.528 「いとしい人よ、さようなら~留まれ、わが心よ」 (ティターノ)  8. レチタティーヴォとアリア「いとしい人よ、さようなら~留まれ、わが心よ」K.528 「いとしい人よ、さようなら~留まれ、わが心よ」 (ティターノ)

 
商品の説明
内容紹介

21世紀モーツァルト歌唱の諸相[3]

■今や世界の歌劇場を席巻するドイツの名ソプラノ、ドロテア・レシュマンが、ダニエル・ハーディング指揮スウェーデン放送響とタッグを組んだモーツァルトのオペラ・アリア集です。
■レシュマンにとって、モーツァルトのアリア集は何と初! 1995年ザルツブルク音楽祭における「フィガロの結婚」のスザンナ役で一世を風靡し、それ以来モーツァルト・オペラの諸役を中心に世界各地で歌い、その名声を高めてきました。今や彼女の声はますます円熟を深め、一層の表現力を備えています。「私がオペラを歌うのは、モーツァルトを歌いたいからです。モーツァルトのオペラの登場人物を舞台で演じることは私の夢でした。彼女たちは、悲しみ、喜び、そして機知に富み、真の意味で人間味に溢れているからです」と語るレシュマンは、このアルバムでもそれぞれのオペラの役柄を見事に表現しています。息づかいまでが聴こえてきそうなリアルな歌唱を、ハーディング&スウェーデン放送響が、ピリオド・スタイルを熟知したシャープで新鮮な響きによって、感情豊かにサポートしています。

Blu-spec CD2仕様

メディア掲載レビューほか

今や世界の歌劇場を席巻するドイツの名ソプラノ、ドロテア・レシュマンが、ダニエル・ハーディング指揮スウェーデン放送響とタッグを組んだモーツァルトのオペラ・アリア集。 (C)RS
 

コメント/トラックバック投稿 »



2018年7月12日

★2010年「ショパン国際ピアノコンクール」優勝者 ユリアンナ・アヴデーエワのバッハ


ユリアンナ・アヴデーエワ

バッハ : イギリス組曲 第2番 イ短調 BWV 807
      トッカータ ニ長調 BWV 912
      フランス風序曲 ロ短調 BWV 831

ピアノ:ユリアンナ・アヴデーエワ

CD:キングインターナショナル KKC-5851

 ピアノのユリアンナ・アヴデーエワは、ロシア出身。グネーシン音楽学校、チューリヒ音楽大学で学ぶ。2006年「ジュネーヴ国際音楽コンクール」1位なしの第2位。2007年「パデレフスキー国際ピアノコンクール」第2位。2010年「ショパン国際ピアノコンクール」第1位。これは、マルタ・アルゲリッチ以来、45年ぶりの女性ピアニストの優勝者。

コメント/トラックバック投稿 »