クラシック音楽 新譜CD情報


2018年11月19日

★庄司紗矢香のベートーヴェン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲


庄司沙矢香

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲

ヴァイオリン:庄司紗矢香

指揮:揮: ユーリ・テミルカーノフ

管弦楽:サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団

録音:2017年10月、ロシア、サンクトペテルベルグ(ライヴ録音)

CD:ユニバーサル ミュージック UCCG‐1811

 ヴァイオリンの庄司紗矢香(1983年生れ)は、東京都国分寺市出身。1995年キジアーナ音楽院に入学。1998年以降、ケルン音楽大学でブロンに師事。 また、同年ルツェルン祝祭管弦楽団とヨーロッパ演奏旅行を行い、ウィーン・ムジークフェラインザールでウィーン・デビューを果たす。1999年「パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクール」で史上最年少で優勝。

 指揮のユーリー・テミルカーノフ(1938年生れ)はロシア出身。1977年から1988年までキーロフ劇場(現マリインスキー劇場)の芸術監督・首席指揮者を務め、1988年よりレニングラード・フィルハーモニー交響楽団(現在はサンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団)の音楽監督・首席指揮者に就任。1992年英国のロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者(1998年から桂冠指揮者)に就任。1998年からボルティモア交響楽団の音楽監督を務めた。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年11月15日

★3度目の録音 ヨーヨー・マのバッハ:無伴奏チェロ組曲全曲


ヨーヨー・マ

<DISC1>

バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007
     無伴奏チェロ組曲第2番ニ短調BWV1008
     無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調BWV1009

<DISC2>

バッハ:無伴奏チェロ組曲第4番変ホ長調BWV1010
     無伴奏チェロ組曲第5番ハ短調BWV1011
     無伴奏チェロ組曲第6番ニ長調BWV1012

チェロ:ヨーヨー・マ

録音:2017年12月12日~15日、アメリカ、マサチューセッツ州、メカニクス・ホール

CD:ソニーミュージック SICC30488~9 (2枚組)

 このCDは、世界的チェロ奏者のヨーヨー・マ(1955年生れ)の3度目のバッハ:無伴奏チェロ組曲全曲盤。これまで1982年、1997年の2回にわたりバッハ:無伴奏チェロ組曲全曲をリリースしており、それぞれがヨーヨー・マの代表作としてベストセラーになっている。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年11月12日

★ウェールズ弦楽四重奏団による「ベートーヴェン弦楽四重奏曲全集」第2弾


四重奏団ウェールズ弦楽

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第16番
          弦楽四重奏曲第8番「ラズモフスキー第2番」

弦楽四重奏:ウェールズ弦楽四重奏団

             ヴァイオリン:﨑谷直人
             ヴァイオリン:三原久遠
             ヴィオラ:横溝耕一
             チェロ:富岡廉太郎

録音:2018年2月1・5・6日、5月1日 富士見市民文化会館キラリふじみ

CD:フォンテック FOCD9787

 ウェールズ弦楽四重奏団は、桐朋学園の学生により2006年に結成。2008年「ミュンヘンARD国際音楽コンクール」にて第3位、日本人の団体として東京クヮルテット以来38年ぶりの入賞を果たす。2009正式なデビュー公演を行う。2010年春より拠点をスイス・バーゼルに移し、バーゼル音楽院にてライナー・シュミット(ハーゲン四重奏団)のもとで研鑽を積む。2011年「バーゼル・オーケストラ協会(BOG)コンクール」にてエクゼコー賞受賞、第7回「大阪国際室内楽コンクール」弦楽四重奏部門第3位。2013年2月より拠点を日本に移し活動。このCDは、ウェールズ弦楽四重奏団の「ベートーヴェン弦楽四重奏曲全集」の第2弾。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年11月08日

★イリーナ・メジューエワのバッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻(2015年)に続く第2巻リリース


イリーナ・メジューエワ2

バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第2巻

ピアノ:イリーナ・メジューエワ

録音:2017~2018年、新川文化ホール(富山県魚津市)

CD:若林工房 WAKA-4209~10(2枚組)

 ピアノのイリーナ・メジューエワ(1975年生れ)はロシア、ゴーリキー(現在のニジニ・ノヴゴロド)出身。グネーシン音楽学校でヴラディミール・トロップに師事。1992年ロッテルダムで開催された「エドゥアルト・フリプセ国際ピアノ・コンクール」で優勝。 以後、ヨーロッパ諸国で演奏活動を行う。1997年から日本の京都を本拠とし、アジア各国で演奏活動を展開。2015年第27回「ミュージック・ペンクラブ音楽賞」(クラシック部門、独奏独唱部門賞)受賞。現在、京都市立芸術大学音楽学部専任講師。このCDは、2015年にリリースされた「第1巻」に続き、メジューエワによるバッハ:平均律クラヴィーア曲集、待望の続編(第2巻)。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年11月05日

★イザベル・ファウストを中心とした古楽器アンサンブルによるシューベルト:八重奏曲他


シューベルト 八重奏曲

シューベルト:八重奏曲 ヘ長調 op.166, D803
         5つのメヌエットと5つのドイツ舞曲 D89より第3番、第5番
              (原曲 : 弦楽四重奏曲 / オスカー・ストランスノイによる八重奏編曲版)

ヴァイオリン:イザベル・ファウスト
ヴァイオリン:アンネ・カタリーナ・シュライバー
ヴィオラ:ダヌシャ・ヴァスキエヴィチ
チェロ:クリスティン・フォン・デア・ゴルツ
コントラバス:ジェームス・マンロ
クラリネット:ロレンツォ・コッポラ
ホルン:トゥーニス・ファン・デア・ズヴァールト
バスーン:ハヴィエル・ザフラ

CD:キングインターナショナル KKC5914

 シューベルトの八重奏曲 ヘ長調 D803は、1824年に作曲した作品。当時の著名なクラリネット奏者フェルディナント・トロイヤー伯爵の委嘱に応じて着手された。弦楽四重奏曲「ロザムンデ」や「死と乙女」と同時期の作品で、シューベルトの明るく暖かくて柔和な一面を表している。シューベルトの円熟期を代表する傑作の1つ。このCDでは、ヴァイオリン:イザベル・ファウストを中心に編成されたピリオド楽器によるアンサンブルの演奏。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年11月01日

★準・メルクル指揮トーンキュンストラー管弦楽団のR・シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」/組曲「町人貴族」/交響詩「死と変容」


準・メルクル

R・シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」
          組曲「町人貴族」
          交響詩「死と変容」

指揮:準・メルクル

管弦楽:トーンキュンストラー管弦楽団

CD:エイベックス AVCL25971

 指揮の準・メルクル(1959年生れ)は、ドイツ人の父と日本人の母との間に、ドイツ、ミュンヘンで生まれる。ハノーファー音楽院で学ぶ。1991年にザールラント州立劇場の音楽総監督に就任。1994年から2000年までマンハイム国民劇場音楽総監督に就任。近年では、ロイヤル・オペラ・ハウス、ウィーン国立歌劇場、バイエルン国立歌劇場、ゼンパー・オーパー、サンフランシスコ歌劇場等でオペラ指揮者として活躍。リヨン国立管弦楽団音楽監督、MDR交響楽団首席指揮者を歴任。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年10月29日

★首席指揮者ウラディーミル・ユロフスキ指揮ベルリン放送交響楽団のR・シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」他


ユロフスキー

R・シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」
マーラー:交響詩「葬礼」(交響曲第2番「復活」の第1楽章初稿)
      交響的前奏曲(アルブレヒト・ギュルシンク校訂版)

指揮:ウラディーミル・ユロフスキ

管弦楽:ベルリン放送交響楽団

オルガン:トビアス・ベルント

CD:キングインターナショナル KKC5846

 指揮のウラディーミル・ユロフスキ(1972年生れ)は、ロシア出身。父は指揮者のミハイル・ユロフスキ、祖父は作曲家で同名のウラディーミル・ユロフスキ。18歳でドイツに移住し、各地の歌劇場などで経験を積む。2001年グラインドボーン音楽祭音楽監督に就任。2007年ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者に就任。2011年ロシア国立交響楽団の芸術監督に就任。2017年ベルリン放送交響楽団首席指揮者に就任した。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年10月25日

★“ナイトフォール” アリス=紗良・オット


アリス=沙良・オット

ドビュッシー:夢想
        ベルガマスク組曲(前奏曲、メヌエット、月の光、パスピエ)
サティ:グノシエンヌ第1番
ジムノペディ第1番、第3番
ラヴェル:夜のガスパール(オンディーヌ、絞首台、絞首台)
      亡き王女のためのパヴァーヌ

ピアノ:アリス=紗良・オット

CD:ユニバーサル ミュージック UCCG-1808

 ピアノのアリス=紗良・オット(1988年生れ)は、ドイツ・ミュンヘン出身。父親がドイツ人、母親が日本人。ピアニストのモナ=飛鳥・オットは実妹。オーストリアのザルツブルク・モーツァルテウム大学で学ぶ。2003年バイロイト音楽祭に招かれ、ワーグナー愛用のピアノを使用してリサイタルを開催。2004年「イタリア・シルヴィオ・ベンガーリ・コンクール」優勝、同年中村紘子の招きにより日本でのデビューを果たす。2005年ヨーロッパピアノ指導者連盟コンクール優勝。2010年「クラシック・エコー・アワード2010」にてヤング・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年10月22日

★アンドリス・ネルソンス指揮ボストン交響楽団のショスタコーヴィチ:交響曲第4番&第11番「1905年」


アンドリス・ネルソンス

<ディスク:1>

ショスタコーヴィチ:交響曲 第4番

<ディスク:2>

ショスタコーヴィチ:交響曲 第11番「1905年」

指揮:アンドリス・ネルソンス

管弦楽:ボストン交響楽団

CD:ユニバーサルミュージック UCCG1802~3

 指揮のアンドリス・ネルソンス(1978年生れ)は、ラトビア、リガ出身。ラトビア国立歌劇場管弦楽団の首席トランペット奏者を務め、マリス・ヤンソンスなどより指揮を学ぶ。2003年ラトビア国立歌劇場首席指揮者、2006年北西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者、2008年バーミンガム市交響楽団にそれぞれ就任。そして2014年ボストン交響楽団音楽監督に就任し一躍世界の注目を集める。2018年ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団楽長にも就任した。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年10月18日

★仏「ヴィクトワール・ドゥ・ラ・ムジーク賞」受賞者 ベルトラン・シャマユのサン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番/第5番「エジプト風」他


ベルトラン・シャマユ

サン=サーンス:ピアノ協奏曲 第2番/第5番「エジプト風」

        6つの練習曲 作品111(第4曲:ラス・パルマスの鐘)
        6つの練習曲 作品52 (第6曲:ワルツの形式で)
        マズルカ 第3番 ロ短調 作品66
        6つの練習曲 作品111(第1曲:長三度と短三度)
        アレグロ・アパッショナート 作品70
        6つの練習曲 作品52 (第2曲:各指の独立のために)
        のんきなワルツ 変ニ長調 作品110

ピアノ:ベルトラン・シャマユ

指揮:エマニュエル・クリヴィヌ

管弦楽:フランス国立管弦楽団

CD:ワーナーミュージック・ジャパン WPCS13791

 ピアノのベルトラン・シャマユは、1981年フランス、トゥールーズ生まれ。パリ国立音楽院でジャン=フランソワ・エッセールに師事し、20歳で「ロン=ティボー国際コンクール」に入賞。その後、シャンゼリゼ劇場、リンカーン・センター(ニューヨーク)、ウィグモア・ホール等で演奏するほか、ルツエルン音楽祭などにも出演。フランス版グラミー賞とも呼ばれる「ヴィクトワール・ドゥ・ラ・ムジーク賞」を3度受賞。グラモフォン誌からは「完璧な血筋を引く若きフランスのピアニスト」と評されている。

コメント/トラックバック投稿 »