クラシック音楽 新譜CD情報


バックナンバー 2022年 8月

2022年8月11日

★ヨハネス・クルンプ指揮ハイデルベルク交響楽団のハイドン:交響曲第107番/第11番/第32番/第15番


ハイドン:交響曲第107番 変ロ長調 Hob.I:107
     交響曲第11番 変ホ長調 Hob.I:11
     交響曲第32番 ハ長調 Hob.I:32
     交響曲第15番 ニ長調 Hob.I:15

指揮:ヨハネス・クルンプ

管弦楽:ハイデルベルク交響楽団

CD:キングインターナショナル KKC6544

 ピリオド・アプローチによるハイデルベルク交響楽団によるハイドンの交響曲全曲録音シリーズ。同シリーズは、鬼才トーマス・ファイが率いて録音を進めていたが、2014年トーマス・ファイが事故で録音がストップとなった。2016年よりベンヤミン・シュピルナー指揮のもと録音を再開。そして2020年からはヨハネス・クルンプを新たな音楽監督に就任した。このCDは、同シリーズ第26巻で、ハイドンがモルツィン伯爵に仕えていた時代からエスターハージー宮殿に仕える前の1760年から1761年頃に作曲された4つの交響曲を収録。なお、第107番は、1950年代に入ってから交響曲に分類されたため、大きな番号が与えられている。

 指揮のヨハネス・クルンプ(1980年生まれ)は、ドイツ、シュトゥットガルト出身。2013年に、1958年創立のエッセン・フォルクヴァング室内管弦楽団の首席指揮者・音楽監督に就任。クルンプは、このドイツの地方の室内オーケストラを一躍注目の楽団に引き上げた。クルンプは「ハイドンの初期の作品は演奏される機会が少なく、私たち音楽家さえほとんど知らないというのが現状です。これらの初期作品はハイドンの独創性にあふれ私たちに喜びを与えてくれます」と語っている。

コメント/トラックバック投稿 »


2022年8月08日

★山根弥生子のバッハ:平均律クラヴィア曲集 第1巻&第2巻


バッハ:平均律クラヴィア曲集 第1巻&第2巻

第1巻 BWV846-869

<Disc 1>

   第1番 ハ長調 BWV846:前奏曲
   第1番 ハ長調 BWV846:フーガ
   第2番 ハ短調 BWV847:前奏曲
   第2番 ハ短調 BWV847:フーガ
   第3番 嬰ハ長調 BWV848:前奏曲
   第3番 嬰ハ長調 BWV848:フーガ
   第4番 嬰ハ短調 BWV849:前奏曲
   第4番 嬰ハ短調 BWV849:フーガ
   第5番 ニ長調 BWV850:前奏曲
   第5番 ニ長調 BWV850:フーガ
   第6番 ニ短調 BWV851:前奏曲
   第6番 ニ短調 BWV851:フーガ
   第7番 変ホ長調 BWV852:前奏曲
   第7番 変ホ長調 BWV852:フーガ
   第8番 変ホ短調 BWV853:前奏曲
   第8番 嬰ニ短調 BWV853:フーガ
   第9番 ホ長調 BWV854:前奏曲
   第9番 ホ長調 BWV854:フーガ
   第10番 ホ短調 BWV855:前奏曲
   第10番 ホ短調 BWV855:フーガ
   第11番 ヘ長調 BWV856:前奏曲
   第11番 ヘ長調 BWV856:フーガ
   第12番 ヘ短調 BWV857:前奏曲
   第12番 ヘ短調 BWV857:フーガ

<Disc 2>

   第13番 嬰ヘ長調 BWV858:前奏曲
   第13番 嬰ヘ長調 BWV858:フーガ
   第14番 嬰ヘ短調 BWV859:前奏曲
   第14番 嬰ヘ短調 BWV859:フーガ
   第15番 ト長調 BWV860:前奏曲
   第15番 ト長調 BWV860:フーガ
   第16番 ト短調 BWV861:前奏曲
   第16番 ト短調 BWV861:フーガ
   第17番 変イ長調 BWV862:前奏曲
   第17番 変イ長調 BWV862:フーガ
   第18番 嬰ト短調 BWV863:前奏曲
   第18番 嬰ト短調 BWV863:フーガ
   第19番 イ長調 BWV864:前奏曲
   第19番 イ長調 BWV864:フーガ
   第20番 イ短調 BWV865:前奏曲
   第20番 イ短調 BWV865:フーガ
   第21番 変ロ長調 BWV866:前奏曲
   第21番 変ロ長調 BWV866:フーガ
   第22番 変ロ短調 BWV867:前奏曲
   第22番 変ロ短調 BWV867:フーガ
   第23番 ロ長調 BWV868:前奏曲
   第23番 ロ長調 BWV868:フーガ
   第24番 ロ短調 BWV869:前奏曲
   第24番 ロ短調 BWV869:フーガ

第2巻 BWV870-893

<Disc 3>

   第1番 ハ長調 BWV870:前奏曲
   第1番 ハ長調 BWV870:フーガ
   第2番 ハ短調 BWV871:前奏曲
   第2番 ハ短調 BWV871:フーガ
   第3番 嬰ハ長調 BWV872:前奏曲
   第3番 嬰ハ長調 BWV872:フーガ
   第4番 嬰ハ短調 BWV873:前奏曲
   第4番 嬰ハ短調 BWV873:フーガ
   第5番 ニ長調 BWV874:前奏曲
   第5番 ニ長調 BWV874:フーガ
   第6番 ニ短調 BWV875:前奏曲
   第6番 ニ短調 BWV875:フーガ
   第7番 変ホ長調 BWV876:前奏曲
   第7番 変ホ長調 BWV876:フーガ
   第8番 嬰ニ短調 BWV877:前奏曲
   第8番 嬰ニ短調 BWV877:フーガ
   第9番 ホ長調 BWV878:前奏曲
   第9番 ホ長調 BWV878:フーガ
   第10番 ホ短調 BWV879:前奏曲
   第10番 ホ短調 BWV879:フーガ
   第11番 ヘ長調 BWV880:前奏曲
   第11番 ヘ長調 BWV880:フーガ
   第12番 ヘ短調 BWV881:前奏曲
   第12番 ヘ短調 BWV881:フーガ

<Disc 4>

   第13番 嬰ヘ長調 BWV882:前奏曲
   第13番 嬰ヘ長調 BWV882:フーガ
   第14番 嬰ヘ短調 BWV883:前奏曲
   第14番 嬰ヘ短調 BWV883:フーガ
   第15番 ト長調 BWV884:前奏曲
   第15番 ト長調 BWV884:フーガ
   第16番 ト短調 BWV885:前奏曲
   第16番 ト短調 BWV885:フーガ
   第17番 変イ長調 BWV886:前奏曲
   第17番 変イ長調 BWV886:フーガ
   第18番 嬰ト短調 BWV887:前奏曲
   第18番 嬰ト短調 BWV887:フーガ

ピアノ:山根弥生子

CD:コジマ録音 ALCD-9230〜33

 日本人初のベートーヴェン全ピアノ独奏作品録音の完結と長年の演奏活動に対し、2014年に「ミュージック・ペンクラブ」音楽賞を受賞した山根弥生子。パリで学び、父・山根銀二が研究していたベートーヴェンを筆頭に数々の名盤を生み出してきた山根弥生子が、ついにバッハの「平均律クラヴィア曲集」をリリース。

 ピアノの山根弥生子は、パリ国立音楽院においてラザール・レヴィに師事。1953年プルミエ・プリを得てピアノ科卒業。その後チューリッヒ、ベルリン、モスクワでそれぞれマックス・エッガー、ヘルムート・ロロフ、ヤコブ・フリエールのもとで研鑽。1958年「マリア・カナルス国際コンクール」第1位。1960年日本でデビュー以来、国内外で演奏活動を続け今日に至る。1970年と77年には東京でベートーヴェンの全32曲のピアノ・ソナタ連続演奏会を開き高い評価を得る。国内のほとんどの主要オーケストラと共演し、国外でも多くの大都市のオーケストラと共演。1975年度「福山賞」受賞。2013年、日本人初の「ベートーヴェン全ピアノ独奏作品録音」を完結。2014年第26回「ミュージック・ペンクラブ音楽賞」独奏・独唱部門賞受賞。

コメント/トラックバック投稿 »


2022年8月04日

★チェリビダッケの未発表ライヴ録音盤 シベリウス:交響曲第5番/ストラヴィンスキー:バレエ組曲「火の鳥」


シベリウス:交響曲第5番 変ホ長調 Op.82
ストラヴィンスキー:バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)
            導入部 火の鳥の踊り
            王女たちのロンド(ホロヴォード)
            魔王カスチェイの凶悪な踊り
            子守歌
            終曲

指揮:セルジュ・チェリビダッケ

管弦楽:ミュンヘン・フィルハーモニー

録音:シベリウス 1988年3月26日、ミュンヘン、ガスタイク・フィルハーモニーでのライヴ
   ストラヴィンスキー 1982年10月28日、ミュンヘン、ヘルクレス・ザールでのライヴ

CD:ワーナーミュージック・ジャパン WJ-5452356025

 チェリビダッケの未発表ライヴ録音登場。ミュンヘン・フィルとセルジュ・チェリビダッケによる遺産が、またミュンヘン・フィル・レーベルより発売となった。1979年6月に首席指揮者に就任し、17年間この地位を務めたチェリビダッケ。今日のミュンヘン・フィルの世界的な名声を築いた。ミュンヘン・フィルとバイエルン放送所蔵のオリジナルのアナログ・マスターテープから24bitデジタル変換(ストラヴィンスキー)、デジタル・マスターテープより24bitにコンバート(シベリウス)し、24bit/96kHzリマスターを行い、クリストフ・スティッケル氏が最終マスタリングを担当。またその際にミュンヘン・フィル楽団員も立ち会い、会場の音のリアリティさを実現している。

 

コメント/トラックバック投稿 »


2022年8月01日

★映画音楽のレジェンド、ジョン・ウィリアムズとヴァイオリンの女王アンネ=ゾフィー・ムターの共演


ジョン・ウィリアムズ:ヴァイオリン協奏曲 第2番~アンネ=ゾフィー・ムターのための~

映画音楽集(アンネ=ゾフィー・ムターのための新編曲)

「ロング・グッドバイ」のテーマ
「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」から ハン・ソロと王女
「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」から マリオンのテーマ

ヴァイオリン:アンネ=ゾフィー・ムター

指揮:ジョン・ウィリアムズ

管弦楽:ボストン交響楽団

CD:ユニバーサルミュージック UCCG45052

 映画音楽のレジェンド、ジョン・ウィリアムズとヴァイオリンの女王アンネ=ゾフィー・ムター。トップ・アーティストの長年の友情とコラボレーションの結実である新作ヴァイオリン協奏曲の世界初録音。

コメント/トラックバック投稿 »