クラシック音楽 ニュース


バックナンバー 2013年 12月

2013年12月29日

◆「熱狂の日」音楽祭2014 開催概要決定


 東京国際フォーラムは、2014年のゴールデン・ウィークに「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭(LFJ)2014」を開催する。

<開催概要>

 名 称 : ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2014

 テーマ : 「10回記念 祝祭の日」 Jours de Fetes

 日 程 : 2014年5月3日(土・祝)~5月5日(月・祝)、5月2日(金)オープニングセレモニー、前夜祭スペシャルイベント

 会 場 :東京国際フォーラム、よみうりホール、よみうり大手町ホール(予定)及び大手町、丸の内、有楽町エリア

 公演数(予定):約350公演(うち有料公演 約150公演)

 来場者見込 : 約48万人(うち東京国際フォーラム約40万人)

 主 催 : 東京国際フォーラム

 共 催(予定): 千代田区、東京都、東京文化発信プロジェクト室

コメント/トラックバック投稿 »


2013年12月26日

◆文化庁、平成25年度(第68回)「文化庁芸術祭賞」を発表


 文化庁は、平成25年度(第68回)「文化庁芸術祭賞」を発表した。

【音楽部門】

  <優秀賞> ・東京オペラシティ文化財団 「没後50年記念 フランシス・プーランクの夕べ」

          ・サントリー芸術財団 「TRANSMUSIC 音楽のエッセンツィア“現代音楽の楽しみ方”作曲家 
                        野平一郎を迎えて」

          ・林 裕 「林 裕 チェロリサイタル OPA!POPPER」

【レコード部門】

  <優秀賞> ・カメラータ・トウキヨウ 「J.S.バッハ・ライプツィヒ・コラール集/松居直美」

          ・日本コロムビア 「RETURN TO BACH/日下紗矢子」

コメント/トラックバック投稿 »


2013年12月23日

◆2013年度「志鳥音楽賞」、「熊本ユースシンフォニーオーケストラ」が受賞


2013年度第20回「志鳥音楽賞」(主催:クラシック音楽興隆会)は、「熊本ユースシンフォニーオーケストラ」に決定しました。

熊本ユースシンフォニーオーケストラ(理事長:猪本耀子)は、「子供のころから本物の音楽に触れ、オーケストラ活動を通してより高い人間性を備えた社会人を育てる」ことを目標に、1964年に設立された。2013年には「第45回定期演奏会」を開催し、2014年には創立50周年を迎える。定期演奏会のほか、毎年秋に行われる熊本バレエ劇場の「くるみ割り人形」公演ではオーケストラを担当するなど、市のイベントにも積極的に参加し、地域に溶け込んだ活動を続け、青少年の健全な育成の場となっている。

授賞式は2014年2月14日(金)、東京・市ヶ谷のアルカディア市ヶ谷にて開催いたします。

クラシック音楽興隆会は、地域に密着した幅広いクラシック音楽の普及活動によってクラシック音楽の愛好家層の拡大に貢献のあった個人または団体に対し、その功績をたたえ、その活動を支援する趣旨で、毎年、応募者の中から選考した個人または団体に「志鳥音楽賞」(1回につき賞金100万円)を贈呈している。

コメント/トラックバック投稿 »


2013年12月20日

◆第15回「ホテルオークラ音楽賞」は、ヴァイオリニストの成田達輝と三浦文彰


第15回「ホテルオークラ音楽賞」(主催:ホテルオークラ東京)は、ヴァイオリニストの成田達輝と三浦文彰に決定した。

 成田達輝は、1992年札幌市生まれ。3歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を卒業後、11年9月よりパリ国立高等音楽院で学ぶ。2010年ロン=ティボー国際コンクール第2位、サセム賞、12年エリザベート国際コンクール第2位及びイザイ賞を受賞し、一躍脚光を浴びる。現在パリ在住。

 三浦文彰は、東京都出身。3歳よりヴァイオリンを始め安田廣務氏に、6歳から徳永二男氏に師事。2009年、世界最難関とも言われるハノーファー国際コンクールにおいて、史上最年少の16歳で優勝ならびに聴衆賞、音楽評論家賞も受賞し国際的に大きな話題となった。現在、最も将来が嘱望されるヴァイオリニスト。現在、ウィーン私立音楽大学で学ぶ。

 なお、2014年2月26日(水)午後6時より、ホテルオークラ東京「曙の間」において授賞式および記念演奏会が開催される

◆第15回「ホテルオークラ音楽賞」は、ヴァイオリニストの成田達輝と三浦文彰 はコメントを受け付けていません。


2013年12月09日

◆指揮者のインバル、2014年4月から東京都交響楽団の桂冠指揮者に就任


 東京都交響楽団は、指揮者のエリアフ・インバルが2014年3月末でプリンシパル・コンダクターを退任し、2014年4月から桂冠指揮者に就任すると発表した。

 インバルは、1995年~2000年には都響の特別客演指揮者を務め、2008年からは、プリンシパル・コンダクターに就任した。

 今回、桂冠指揮者への就任は、多大な功績を称えるとともに、今後も定期的な共演を継続するためのもの。

 エリアフ・インバルは、1936年イスラエル生まれ。これまでフェニーチェ劇場(ヴェネツィア)音楽監督、チェコ・フィル常任指揮者などを歴任。2013年、指揮デビューから50年を迎え、現在進行中の「インバル=都響 新・マーラー・ツィクルス」が大きな話題を呼んでいる。

コメント/トラックバック投稿 »


2013年12月02日

◆2013年度第51回のレコード・アカデミー賞、大賞はバルトリ(Ms)他による「ベッリーニ:歌劇《ノルマ》」


 「レコード芸術」誌(音楽の友社刊)の「2013年度 第51回のレコード・アカデミー賞」が決定した。大賞はジョヴァンニ・アントニーニ指揮チューリヒ歌劇場ラ・シンティッラ管弦楽団,チェチーリア・バルトリ(Ms)他による「ベッリーニ:歌劇《ノルマ》(全曲)」〔デッカ〕が受賞した。詳細は「レコード芸術」2014年1月号(2013年12月20日発売)。

【大賞 オペラ部門】

ベッリーニ:歌劇《ノルマ》(全曲)

ジョヴァンニ・アントニーニ指揮チューリヒ歌劇場ラ・シンティッラo,チェチーリア・バルトリ(Ms)
[デッカ☆UCCD1381~2]

【大賞銀賞 管弦楽曲部門】

ストラヴィンスキー:バレエ《春の祭典》,同《ミューズの神を率いるアポロ》,管楽器のための交響曲

サイモン・ラトル指揮ベルリンpo
[EMIクラシックス☆TOGE11089] ※初出番号
[ワーナー・クラシックス☆WPGS50001]※再発番号

【大賞銅賞 交響曲部門】

R.シュトラウス:アルプス交響曲,交響詩《ドン・ファン》

マリス・ヤンソンス指揮ロイヤル・コンセルトヘボウo
[RCO LIVE☆KKC5331]

【協奏曲部門】

モーツァルト:クラリネット協奏曲,フルート協奏曲第2番,ファゴット協奏曲

アレッサンドロ・カルボナーレ(cl)ジャック・ズーン(fl)ギヨーム・サンタナ(fg)クラウディオ・アバド指揮モーツァルトo
[グラモフォン☆UCCG1627]

【室内楽曲部門】

フォーレ/室内楽曲全集

ミシェル・ダルベルト,ニコラ・アンゲリッシュ(p)ルノー・カピュソン(vn)ゴーティエ・カピュソン(vc)エベーヌSQ
[ヴァージン・クラシックス☆TOCE56511~5(分売)] ※初出番号
[エラート☆WPCS50246,50145,50247,50248,50276(分売)]※再発番号

【器楽曲部門】

小山実稚恵/シャコンヌ

小山実稚恵(p)
[ソニー・レコーズ☆SICC1626]

【声楽曲部門】

メアリ・スチュアート女王の詩~シューマン/後期歌曲集

加納悦子(Ms)長尾洋史(p)
[ALM☆ALCD7172]

【音楽史部門】

タヴァナー:ミサ曲《汝三位一体に栄光あれ》,4声のマニフィカト,5声のマニフィカト,6声のマニフィカト

ピーター・フィリップス指揮タリス・スコラーズ
[ギメル☆PCDGIM045]

【現代曲部門】

東京シンフォニエッタ・プレイズ西村朗-2/天女散花

板倉康明指揮東京シンフォニエッタ
[カメラータ☆CMCD28283]

【特別部門 吹奏楽】

吹奏楽燦選/フェスティーヴォ!

ヴァーツラフ・ブラフネク大佐指揮 東京佼成ウインドo
[デンオン☆COCQ85028]

【特別部門】 ビデオ・ディスク「コンサート&ドキュメンタリー」

シューマン/交響曲全集

パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーpo
[C-major☆KKC9043(3枚組:DVD-V),KKC9044(BD)]

【特別部門】 ビデオ・ディスク「舞台&劇作品」

プロコフィエフ:歌劇《賭博者》全4幕

テムール・チヘイーゼ(演出)ヴァレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー劇場o
[マリインスキー☆KKC9049(BD),KKC9050(DVD-V)]

【特別部門】 録音

ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ全集第2巻「愛」

小菅優(p)
[ソニー☆SICC10176~7(2枚組)] CD&SACD

【特別部門】 企画・制作

ヴェルディ:オペラ全集 TUTTO VERDI(全26巻)

[セブンシーズ☆KIXM101~26(分売)]BD

【特別部門】 特別賞

該当なし

コメント/トラックバック投稿 »