クラシック音楽 ニュース


バックナンバー 2020年 2月

2020年2月11日

◆世界的ソプラノ歌手のミレッラ・フレーニが死去(享年84歳)


 イタリアの世界的なソプラノ歌手ミレッラ・フレーニが2月9日、死去した。享年84歳。

 1955年、ビゼー「カルメン」のミカエラ役でデビュー。プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」のミミを当たり役とした。ミラノ・スカラ座、米メトロポリタン歌劇場など世界の歌劇場で活躍。

 1979年にカラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とともに初来日して以来、日本でも公演を重ね、聴衆を魅了した。

コメント/トラックバック投稿 »


2020年2月11日

◆オペラ指揮者のネルロ・サンティが死去(享年88歳)


 オペラ指揮者のネルロ・サンティが2月6日に死去した。享年88歳。

 ネルロ・サンティは、イタリア出身でヨーロッパを中心に活動した指揮者で、オペラの巨匠として知られる。

 1951年にパドヴァのヴェルディ歌劇場でデビューする。 1958年チューリヒ歌劇場、1962年ニューヨークのメトロポリタン歌劇場にデビュー。また、スイスのバーゼル放送交響楽団の首席指揮者を10年にわたり務めた。

 これまでに、ミラノ・スカラ座、コヴェント・ガーデン王立歌劇場、パリ・オペラ座、コロン歌劇場、サンフランシスコ歌劇場、ウィーン国立歌劇場、ハンブルク国立歌劇場、バイエルン国立歌劇場、フェニーチェ歌劇場など、欧州の主要歌劇場指揮活動を行う。

 また、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団、読売日本交響楽団、NHK交響楽団などでも指揮した。

コメント/トラックバック投稿 »


2020年2月11日

◆第21回「ホテルオークラ音楽賞」、藤田真央(ピアノ)と服部百音(ヴァイオリン)が受賞


 第21回「ホテルオークラ音楽賞」は、藤田真央(ピアノ)と服部百音(ヴァイオリン)が受賞した。

 なお、4月28日(火)、The Okura Tokyo宴会場において授賞式と受賞記念演奏会をホテル会員プログラムOne Harmony会員限定で開催する。

                      ◇

藤田真央(ピアノ

 2019年6月「チャイコフスキー国際コンクール」で第2位入賞。2017年弱冠18歳で第27回「クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクール」優勝、併せて「青年批評家賞」「聴衆賞」「現代曲賞」の特別賞を受賞。2016年には「浜松国際ピアノアカデミーコンクール」で第1位を受賞するなど、幼少のころから高い評価を得ている。現在、東京音楽大学に在学し研鑽を積んでいる。

服部百音(ヴァイオリン)

 2009年「リピンスキ・ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール」のジュニア部門で史上最年少第1位及び特別賞を受賞。13年「ノヴォシビルスク国際ヴァイオリン・コンクール」、15年「ゴールドシュタイン国際ヴァイオリン・コンクール」でグランプリ受賞。現在、ザハール・ブロン・アカデミーに在籍、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースに在学中。

コメント/トラックバック投稿 »


2020年2月09日

◆第18回(2019年度)「齋藤秀雄メモリアル基金賞」、佐藤晴真(チェロ部門)と鈴木優人(指揮部門)が受賞


 第18回(2019年度) 「齋藤秀雄メモリアル基金賞」(主催:ソニー音楽財団)は、 チェロ部門は佐藤 晴真、指揮部門は鈴木 優人が受賞した。

 チェロの佐藤晴真(1998年生まれ)は、名古屋市出身。弱冠21歳の新進気鋭のチェロ奏者。2019年、長い伝統と権威を誇る「ミュンヘン国際音楽コンクール」チェロ部門において日本人として初めて優勝して、一躍国際的に注目を集めた。18年には、「ルトスワフスキ国際チェロ・コンクール」において第1位および特別賞を受賞している。

 指揮の鈴木優人は、1981年オランダ生まれ。東京藝術大学及び同大学院修了。オランダ・ハーグ王立音楽院修了。第18回「ホテルオークラ音楽賞」受賞。2018年よりバッハ・コレギウム・ジャパン首席指揮者に就任。2020年からは、読売日本交響楽団の指揮者/クリエイティヴ・パートナーに就任予定。作曲家としても数々の委嘱を受けている。

コメント/トラックバック投稿 »