クラシック音楽 ニュース


2021年10月22日

◆指揮者のベルナルト・ハイティンクが死去(享年92歳)


 オランダ出身の名指揮者ベルナルト・ハイティンクが10月21日、ロンドンの自宅で死去した。享年92歳。

 ベルナルト・ハイティンク(1929年生まれ)は、オランダ、アムステルダム出身。地元のオーケストラのヴァイオリン奏者を務めた後、フェルディナント・ライトナーに指揮を師事し、指揮者に転向。1955年オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団次席指揮者(1957年より首席指揮者)に就任。1961年アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団、1967年ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団のそれぞれ首席指揮者に就任。1978年から1988年までグラインドボーン音楽祭、1987年から2002年までロイヤル・オペラ・ハウスの音楽監督を務める。1991年「エラスムス賞」を受賞。

 1995年からボストン交響楽団の首席客演指揮者となり、2004年に名誉指揮者。2002年ドレスデン国立管弦楽団の首席指揮者に就任。2006年シカゴ交響楽団首席指揮者に就任。日本には、1962年コンセルトヘボウとの初来日を皮切りに以後しばしば来日を果たした。EUユース管弦楽団音楽監督、シュターツカペレ・ドレスデン音楽総監督・首席指揮者を歴任。2019年ルツェルン音楽祭でのウィーン・フィルとの共演を最後に引退を発表した。

コメント/トラックバック投稿 »



2021年10月21日

◆第18回「ショパン国際ピアノコンクール」、反田恭平が第2位、小林愛実が第4位


 ポーランドのワルシャワで行われていた第18回「ショパン国際ピアノコンクール」の本選の結果が10月21日発表され、反田恭平が第2位、小林愛実が第4位に入賞した。

 日本人の入賞は16年ぶり。

 第1位:ブルース(シャオユー)リウ(カナダ)、第2位:アレクサンダー・ガジェヴ(イタリア/スロベニア)

コメント/トラックバック投稿 »



2021年10月14日

◆東京都交響楽団、大野和士音楽監督の任期を2026年3月まで3年間延長


 東京都交響楽団は、大野和士の音楽監督の任期を2026年3月まで3年間延長すると発表した。

 大野和士は、2015年4月の東京都交響楽団音楽監督就任以来、古今や洋の東西を問わない幅広いレパートリーで聴衆を魅了し、ヨーロッパ・ツアーやサラダ音楽祭などの数々のプロジェクトを、その卓越したリーダーシップで成功に導いた。

コメント/トラックバック投稿 »



2021年10月13日

◆「ハノーバー国際バイオリンコンクール」、吉田 南が入賞


 「ハノーバー国際バイオリンコンクール」で、吉田 南が入賞した。

 今回から本選に残った4人に順位を付けず、全員を入賞として発表することになった。

 吉田 南は、桐朋女子高1年時に「日本音楽コンクール」で1位、その後、「モントリオール国際音楽コンクール」で3位に入賞。

コメント/トラックバック投稿 »



2021年10月11日

◆第41回NHK交響楽団「有馬賞」、渋谷育英会と 指揮者の下野竜也が受賞


 第41回NHK交響楽団「有馬賞」は、公益財団法人渋谷育英会と指揮者の下野竜也が受賞した。

「有馬賞」は、故・有馬大五郎(元NHK交響楽団副理事長)の生前の音楽界への貢献と当団育成の偉業を末永く記念するため、1981年に設けられた。NHK交響楽団の発展に顕著な功績をおさめた関係者、関係団体、同団の職員を授賞の対象としている。

                    ◇

【受賞者】

 公益財団法人渋谷育英会

 2013年以来、毎年NHK交響楽団の福山公演を開催し、のべ8,000人の小中学生を招待するなど地域の青少年の育成と音楽芸術の普及に多大な貢献をした。また、同団の特別支援団体として音楽事業の発展に大いに尽力した。

 下野竜也 [指揮者]

 2005年にNHK交響楽団と初共演して以来、定期公演をはじめ国内外で数多くの共演を重ねた。なかでも、NHK大河ドラマでは、2011年放送の「江」をはじめ、2022年からはじまる最新作「鎌倉殿の13人」まで6作品のテーマ音楽の指揮を担当した。またNHKスペシャル「新・映像の世紀」の音楽も指揮するなど、N響の放送録音に多大な貢献をし、当団の芸術的表現力の価値を高めた。

コメント/トラックバック投稿 »



2021年10月08日

◆ピアニストの神谷郁代が死去(享年75歳)


 ピアニストの神谷郁代が肺炎のため死去した。享年75歳。
 
 神谷郁代は、群馬県伊勢崎市出身。桐朋女子中学校・高等学校、エッセン音楽院で学ぶ。井口愛子、クラウス・ヘルヴィヒ、ステファン・アスケナーゼに師事。

 レパートリーは古典から現代曲まで幅広いが、ベートーヴェンの演奏で特に知られ、同時に邦人作品も積極的に取り上げた。欧州各地で演奏活動を行った。

 1964年「毎日音楽コンクール」第1位。1972年「エリザベート王妃国際音楽コンクール」入賞。

コメント/トラックバック投稿 »



2021年10月04日

◆第14回「シューベルト国際コンクール」で安並貴史が優勝


 ドイツのドルトムントで行なわれた第14回「シューベルト国際コンクール」のピアノ部門で、安並貴史が優勝した。

 同コンクールは、1987年に創設され、現在は、ピアノ部門とリートデュオ部門が実施されている。

 安並貴史(1992年生まれ)は、静岡県出身。東京音楽大学大学院博士課程修了。第13回「日本演奏家コンクール」ピアノ部門(大学の部)優勝、併せてヤマハ賞受賞。現在、後進の育成にもあたっている。ドホナーニを研究し、演奏を通して普及活動も行う。2019年にCD「ドホナーニ 4つの狂詩曲」をリリース。

コメント/トラックバック投稿 »



2021年10月03日

◆第19回「東京国際音楽コンクール<指揮>」、ブラジル出身のジョゼ・ソアーレスが優勝


 第19回「東京国際音楽コンクール<指揮>」は、ブラジル出身のジョゼ・ソアーレスが優勝した。

 「東京国際音楽コンクール<指揮>」は、世界的な指揮者への登竜門で、1966年より実施され、毎回世界30を超える国、地域から参加。現在は3年に一度開催し、今回の開催で19回目を数える。

                     ◇

【第19回「東京国際音楽コンクール<指揮>」】

    
    第1位:ジョゼ・ソアーレス[ブラジル]

    第2位:サミー・ラシッド[フランス]

    第3位:バーティー・ベイジェント[イギリス]

    入選・奨励賞:米田覚士[日本]

    特別賞・齋藤秀雄賞:バーティー・ベイジェント[イギリス]

    聴衆賞:ジョゼ・ソアーレス[ブラジル]

    オーケストラ賞:バーティー・ベイジェント[イギリス]

コメント/トラックバック投稿 »



2021年9月30日

◆大野和士、ベルギーのブリュッセル・フィル音楽監督就任


 指揮者の大野和士が、2022/23 シーズンよりブリュッセル・フィルハーモニックの音楽監督に就任する。

 現在、大野和士は、バルセロナ交響楽団ならびに東京都交響楽団音楽監督、新国立劇場オペラ芸術監督を務めている。

 ブリュッセル・フィルハーモニックは、ベルギー・ブリュッセルを本拠地とするオーケストラ(旧称:BRTフィルハーモニー管弦楽団、BRTNフィルハーモニー管弦楽団、フランダース放送管弦楽団)。現在はフラマン語共同体の一組織となっている。

 ベルギー国立放送協会(NIR/INR)が1935年に発足させた放送用アンサンブルが前身。1998年に自主運営団体への改組に伴いフランダース放送管弦楽団と改称。2008年に現在名となった。

コメント/トラックバック投稿 »



2021年9月24日

◆東京フィル、年末恒例のベートーヴェン「第九」の指揮者はケンショウ・ワタナベ


 東京フィルハーモニー交響楽団は、2021年12月23日(木)、12月25日(土)、12月26日(日)に、恒例のベートーヴェン「第九」特別演奏会を開催するが、指揮者はケンショウ・ワタナベ、独唱陣は、ソプラノ:迫田美帆、アルト:中島郁子、テノール:清水徹太郎、バリトン:伊藤貴之、合唱は新国立劇場合唱団。

                   ◇

 指揮のケンショウ・ワタナベ(1987年生まれ)は、横浜出身。5歳の時、父親の仕事の関係で渡米。その後はアメリカを生活拠点とする。カーティス音楽院卒業。指揮の指導者として名高いオットー=ヴェルナー・ミュラーに師事。イェール大学音楽院でヴァイオリンを学び修士号を取得。音楽の分野の他にも、イェール大学で分子・細胞・発生生物学の学位を取得している。

 2016/17シーズンよりフィラデルフィア管弦楽団アシスタント・コンダクター。2013~15年、ヤニック・ネゼ=セガンのもとでカーティス音楽院指揮科フェローを務める。2017年4月、体調不良のネゼ=セガンに代わり、フィラデルフィア管弦楽団定期演奏会にて、ピアニストのダニール・トリフォノフとの共演によりデビューを果たす。急な代役にもかかわらず、名演との評価を博し、一躍世界的な注目を集めた。また、オペラも得意としており、カーティス歌劇場を中心に多くのオペラ作品を指揮している。

 2018年、セイジ・オザワ松本フェスティバルでサイトウ・キネン・オーケストラを指揮し、バーンスタイン:「キャンディード」序曲と、ミュージカル「オン・ザ・タウン」から3つのダンス・エピソードを指揮して好評を得た。東京フィルへは2019年11月定期演奏会に登壇し、躍動感あふれるマーラーを披露した。

                    ◇

<東京フィルハーモニー交響楽団:ベートーヴェン「第九」特別演奏会>

2021年12月23日(木)19:00開演 東京オペラシティ コンサートホール
2021年12月25日(土)19:00開演 サントリーホール 大ホール
2021年12月26日(日)15:00開演 Bunkamura オーチャードホール

コメント/トラックバック投稿 »