クラシック音楽 ニュース


2022年9月15日

◆第33回(2022)「高松宮殿下記念世界文化賞」音楽部門、クリスチャン・ツィメルマンが受賞


 「高松宮殿下記念世界文化賞」は、日本美術協会によって1988年に創設され、絵画、彫刻、建築、音楽、演劇・映像の各分野で、世界的に顕著な業績をあげた芸術家に毎年授与される。

                           ◇

【第33回(2022)高松宮殿下記念世界文化賞受賞者】

     絵画部門 ジュリオ・パオリーニ

     彫刻部門 アイ・ウェイウェイ 艾未未

     建築部門 妹島和世+西沢立衛 /SANAA

     音楽部門 クリスチャン・ツィメルマン

     演劇・映像部門 ヴィム・ヴェンダース
 
 ピアノのクリスチャン・ツィメルマン(1956年生れ)は、ポーランド出身。1973年「ベートーヴェン国際音楽コンクール」優勝。1975年第9回「ショパン国際ピアノコンクール」に史上最年少の18歳で優勝。1999年には、ショパン没後150年を記念して、ポーランド人の若手音楽家をオーディションで集めた「ポーランド祝祭管弦楽団」を設立した。2005年、フランスのレジオン・ドヌール勲章(シュバリエ章)を受章。

コメント/トラックバック投稿 »



2022年9月13日

◆第71回「ARDミュンヘン国際音楽コンクール」、クァルテット・インテグラが2位入賞を果たす


 第71回「ARDミュンヘン国際音楽コンクール」の弦楽四重奏部門で、桐朋学園大学出身4人によるクァルテット・インテグラ(三澤響果vn、菊野凛太郎vn、山本一輝va、築地杏里vc)が第2位に入賞し、併せて聴衆賞も受賞した。

 クァルテット・インテグラは、桐朋学園大学および桐朋学園女子高等学校音楽科に在学中の学生4人により2015年に結成された。22020年のキジアーナ音楽院夏期マスタークラスでは、最も優秀な弦楽四重奏団に贈られる「Banca Monte dei Paschi di Siena賞」を受賞した。また、サントリーホール室内楽アカデミー第5、6期フェローとして研鑽を積み、2021年は「バルトーク国際コンクール」で優勝するなど、活躍してきた。

コメント/トラックバック投稿 »



2022年9月08日

◆「グリーグ国際ピアノコンクール」、石井楓子が優勝


 ノルウェー第二の都市ベルゲンで開催された「グリーグ国際ピアノコンクール」で、石井楓子が優勝した。

 同コンクールは、2年に一度、グリーグゆかりの街で開催され、前回2018年には髙木竜馬が優勝を果たしている。

 石井楓子は、1991年神奈川県生まれ。桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学を経て、同研究科を修了。2013年、第82回「日本音楽コンクール」ピアノ部門第1位。2015年より渡欧し、ケルン音楽大学を経てバーゼル音楽院修士課程・演奏家課程を首席で修了。2019年第26回「ブラームス国際コンクール」第3位。

コメント/トラックバック投稿 »



2022年8月31日

◆第20回「東京音楽コンクール」金管部門、吉田智就(ホルン)と河内桂海(トランペット)が優勝


 第20回「東京音楽コンクール」金管部門は8月30日に本選が行われ、吉田智就(ホルン)と河内桂海(トランペット)が第1位。

「第20回「東京音楽コンクール」金管部門 本選結果】

     第1位 吉田智就(ホルン) 
         河内桂海(トランペット) 

     第2位 該当者なし

     第3位 白井翼(テューバ) 

     入選 葛西亮(ホルン) 

     聴衆賞 白井翼(テューバ) 

コメント/トラックバック投稿 »



2022年8月28日

◆第20回「東京音楽コンクール」ピアノ部門、中島英寿が優勝


 第20回「東京音楽コンクール」ピアノ部門の本選が8月28日行われ、第1位は中島英寿。

                           ◇

 【第20回「東京音楽コンクール」ピアノ部門 本選結果】

     第1位 中島英寿 

     第2位 藤平実来 

     第3位 吉原清香 

     入選  角野未来 

     聴衆賞 中島英寿 

コメント/トラックバック投稿 »



2022年8月27日

◆第20回「東京音楽コンクール」声楽部門、池内 響(バリトン)が優勝


 第20回「東京音楽コンクール」声楽部門の本選が8月26日行われ、池内 響(バリトン)が第1位となった。

                           ◇

【第20回東京音楽コンクール 声楽部門 本選結果】

   第1位 池内 響(バリトン) 

   第2位 前川健生(テノール) 

   第3位 黒田祐貴(バリトン) 
       川越未晴(ソプラノ) 

   聴衆賞 池内 響(バリトン) 

コメント/トラックバック投稿 »



2022年8月20日

◆第46回「ピティナ・ピアノコンペティション」、北村明日人が「特級・グランプリ」受賞


 第46回「ピティナ・ピアノコンペティション」(主催:全日本ピアノ指導者協会(ピティナ))の「特級」のファイナルが行われ、北村明日人がグランプリに決定した。

                           ◇

【特級】

グランプリ 北村明日人(東京藝術大学大学院)

銀賞    神宮司悠翔(東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校(高2))

銅賞    森永冬香(東京藝術大学(大3))

入選    鶴原壮一郎(東京藝術大学(大2))

聴衆賞   1位 北村明日人
      2位 神宮司悠翔
      3位 鶴原壮一郎
      4位 森永冬香

サポーター賞  1位 今井梨緒
        2位 鶴原壮一郎
        3位 北村明日人
        4位 千葉まりん
        5位 森永冬香
        6位 神宮司悠翔
        7位 後藤美優

コメント/トラックバック投稿 »



2022年8月01日

◆ヴァイオリニストの佐藤陽子が死去(享年72歳)


 国際的に活躍したヴァイオリニストの佐藤陽子が7月19日、肝臓がんのため死去した。享年72歳。

 佐藤陽子は、福島県出身。1958年に来日中のレオニード・コーガンに才能を認められ、翌年よりソ連政府の給費留学生としてモスクワ音楽院附属学校に進学、コーガンに師事。1962年にキリル・コンドラシンの指揮によりモスクワデビューを果たした。

 1966年「チャイコフスキー国際コンクール」第3位。同年9月よりモスクワ音楽院に進学。1969年「ロン=ティボー国際コンクール」第3位。1971年にモスクワ音楽院を首席で卒業した後、フランスに留学して翌1972年よりヨゼフ・シゲティに師事。「パガニーニ国際コンクール」第2位。

 また、声楽をマリア・カラスに師事し、ソプラノ歌手としてジュゼッペ・ディ・ステファーノらと共演。1975年にルーマニアのブカレスト国立歌劇場から「蝶々夫人」でデビューし、絶賛を浴びる。1976年に帰国し、アーティストとしての演奏活動のかたわら、エッセイの執筆やミュージカル歌手としてタレント活動も続けた。

コメント/トラックバック投稿 »



2022年7月17日

◆フルート奏者の金昌国が死去(享年80歳)


 フルート奏者の金昌国が死去した。享年80歳。

 金昌国は、大阪府出身。東京芸術大学で学ぶ。1967年「日本音楽コンクール」第1位。1969年「ジュネーブ国際コンクール」第2位(1位なし)。1970年よりドイツ、ハノーファー国立歌劇場管弦楽団首席奏者を務める。この間、マルセル・モイーズ、アンドレ・ジョネ、ハンス・ペーター・シュミッツに師事。欧州から帰国後、1985年「神戸国際フルートコンクール」審査委員長。1986年アンサンブルofトウキョウを結成する。

 東京藝術大学フルート科教授として教育活動にも力を入れ、第一線のプレーヤーを多数育てた。2006年度より、東京藝術大学演奏芸術センター長を務めた。東京芸術大学で後進の指導に当たった(東京芸術大名誉教授)。

 また、アンサンブルofトウキョウのほか大阪チェンバーオーケストラ、九州交響楽団、大阪センチュリー交響楽団などで指揮活動を重ねる。2001年「神戸市文化賞」受賞。

コメント/トラックバック投稿 »



2022年7月14日

◆沖澤のどか、2023年4月から京都市交響楽団第14代常任指揮者に就任


 京都交響楽団(京響)は、2022年3月まで14年間の長きにわたり常任指揮者を務めた広上淳一の後任として、沖澤のどかが京都市交響楽団 第14代常任指揮者に就任したと発表した(期間:2023年4月1日~2026年3月31日)。

 沖澤のどか(1987年生まれ)は、青森県三沢市出身。東京藝術大学音楽学部指揮科入学、首席卒業。卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞。同大学院音楽研究科指揮専攻修士課程修了。2018年第18回「東京国際音楽コンクール〈指揮〉」において、女性として初めて第1位及び特別賞、齋藤秀雄賞受賞。

 2019年第56回「ブザンソン国際指揮者コンクール」優勝、聴衆賞及びオーケストラ賞受賞。2019年10月ハンス・アイスラー音楽大学ベルリン修士課程オーケストラ指揮専攻修了。2020年よりベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のカラヤン・アカデミーの奨学金を受け、キリル・ペトレンコの助手となる。2023年4月より京都市交響楽団の第14代常任指揮者に就任。ドイツ・ベルリン在住。

コメント/トラックバック投稿 »