クラシック音楽 ニュース


バックナンバー 2017年 7月

2017年7月21日

◆第53回「日伊声楽コンコルソ」、テノールの工藤和真が優勝


 第53回「日伊声楽コンコルソ」の本選が7月21日、東京文化会館小ホールにおいて行なわれ、入賞者が次の通り決定した。

                       <第53回「日伊声楽コンコルソ」入賞者>

第1位 テノール 工藤和真

第2位 テノール 澤﨑一了

第3位 ソプラノ 内田千陽

歌曲賞 テノール 工藤和真

五十嵐喜芳賞 テノール 澤﨑一了

コメント/トラックバック投稿 »


2017年7月11日

◆JASRAC、BGM利用施設の経営者に対して全国初の著作権侵害行為の差止めと損害賠償を請求


 日本音楽著作権協会(JASRAC)は、7月11日、JASRACが著作権を管理する音楽著作物(管理著作物)を、著作物利用許諾契約を締結しないまま違法に利用している経営者2名それぞれに対し、管理著作物の使用禁止(差止め)と損害賠償を求める訴えを提起した。

コメント/トラックバック投稿 »


2017年7月05日

◆音楽教育を守る会、文化庁長官に「反対署名」と「要望及び質問書」を提出


 音楽教育を守る会は、文化庁長官に「反対署名」と「要望及び質問書」を提出した。

 現在、音楽教育を守る会会員を原告として、JASRACに対する「請求権不存在確認訴訟」を東京地裁に提起しているが、一方で行政手続きによって、JASRACの使用料規程が有効になってしまわないように、文化庁に署名と合わせて「要望及び質問書」を提出し、司法・行政の両面から我々の主張を貫く意志であることを表明した

 3月下旬から開始した「音楽教育の現場からの演奏著作権料徴収に反対する署名活動」で集まった、557,357筆の署名(署名用紙によるもの525,265筆、ネットでの署名32,092筆)を、文化庁に提出した。

コメント/トラックバック投稿 »


2017年7月04日

◆チョン・ミョンフン、「イタリア共和国功労勲章」を受勲


 東京フィルハーモニー交響楽団の名誉音楽監督チョン・ミョンフンが「イタリア共和国功労勲章」を受勲した。

 受勲式は7月6日に在韓イタリア共和国大使館にて執り行われる。

 同勲章は、様々な分野での活動を通じてイタリアと諸外国との友好と協力関係に貢献した個人を讃える目的で1951年に設立された。

 チョン・ミョンフンはイタリアの文化や芸術の発展及び世界での国際交流に貢献してきたとして知られている。

コメント/トラックバック投稿 »


2017年7月03日

◆2017年度第86回「日本音楽コンクール」本選、10月21日~26日開催


 若手音楽家の登竜門である2017年度第86回「日本音楽コンクール」の本選が東京オペラシティコンサートホールで次の日程で行われる。

                           <本選日程>

10月21日(土) ピアノ
10月22日(日) バイオリン
10月23日(月) チェロ
10月24日(火) 声楽(オペラ・アリア)
10月25日(水) ホルン
10月26日(木) 作曲(室内楽曲)

コメント/トラックバック投稿 »