クラシック音楽 ニュース


バックナンバー 2017年 8月

2017年8月20日

◆4年に1度開催される「武蔵野市国際オルガンコンクール」、本選は9月17日に開催


 4年に1度開催される「武蔵野市国際オルガンコンクール」が9月21日(金曜日)、武蔵野市民文化会館(東京都武蔵野市)で開幕する。

 同コンクールは4年に一度開催されるが、今回は世界21か国、合計120名の応募者の中から、オーディションで選抜された15名が頂点を目指す。

 本選は、9月17日(日)午後1時から。入賞者披露演奏会は、9月18日(月/祝)午後2時から開催される。

 なお、コンクール前には、無料プレイベントとして市内各所で“街かどコンサート”が行われる。

コメント/トラックバック投稿 »


2017年8月16日

◆第47回「JXTG音楽賞」(旧「東燃ゼネラル音楽賞」)、モルゴーア・クァルテット (弦楽四重奏)と中村恵理 (ソプラノ)が受賞 


 第47回「JXTG音楽賞」の受賞者が次の通り決定した。

 なお、第47回「JXTG音楽賞」は、昨年まで「東燃ゼネラル音楽賞」(1971年創設)として行ってきた活動を、2017年4月のJXグループと東燃ゼネラルグループの経営統合を機に名称変更したもの。

                              ◇

 第47回「JXTG音楽賞」

洋楽部門  本賞      モルゴーア・クァルテット (弦楽四重奏)

洋楽部門   奨励賞    中村恵理 (ソプラノ)  

 贈賞式は、9月28日(木)に、ホテルオークラ東京において開催する。

 弦楽四重奏のモルゴーア・クァルテットは、1992年秋、ショスタコーヴィチの遺した15曲の弦楽四重奏曲を演奏するため結成された。現在、ロマン派音楽からプログレッシヴ・ロックまで幅広く取り組んでいる。「モルゴーア」とはエスペラント語で「明日の」の意味。

 ソプラノの中村恵理は、兵庫県出身。大阪音楽大学音楽学部声楽学科卒業。同大学大学院音楽研究科オペラ研究室修了。 歌姫アンナ・ネトレプコの代役として英国ロイヤル・オペラに衝撃デビューを飾る。現在はバイエルン国立歌劇場専属ソリストとして活躍中。

コメント/トラックバック投稿 »


2017年8月08日

◆第15回 佐川吉男音楽賞、いずみホール・オペラ モーツァルト/歌劇「ドン・ジョヴァンニ」


 第15回「佐川吉男音楽賞・同 奨励賞」の受賞者が、次の通り決定した。
 
 贈呈式は、10月2日、東京で行われる。

                              ◇

佐川吉男音楽賞:いずみホール・オペラ モーツァルト/歌劇「ドン・ジョヴァンニ」

 音響効果の優れたコンサート・ホールのひとつとして全国に知られる大阪のいずみホールで、毎年オペラが上演されている。近年は河原忠之がプロデュースに当たっているが、今回の「ドン・ジョヴァンニ」は、その中でも傑出した水準の公演となった。

佐川吉男音楽賞 奨励賞:京都フィルハーモニー室内合奏団 第203回定期公演「三陸のうた 祈り」

 第203回定期公演は、ヒンデミット以降の現代的技法による内外の作品を集めたプログラムだが、いわゆる「現代音楽」に造詣の深い聴衆だけでなく、幅広い愛好家に向けられた親しみやすい内容だ。

コメント/トラックバック投稿 »