クラシック音楽 ニュース


2017年5月29日

◆2017年度「武満徹作曲賞」、第1位は坂田直樹


 2017年度「武満徹作曲賞」(審査員:ハインツ・ホリガー<スイス>)は、5月28日に東京オペラシティコンサートホールにおいて本選演奏会が行われ、坂田直樹(日本)が第1位となった。

                              ◇

第1位 坂田直樹(日本) 組み合わされた風景

第2位  ジフア・タン(マレーシア)  at the still point

第2位  アンナキアーラ・ゲッダ(イタリア)  NOWHERE

第2位 シュテファン・バイヤー(ドイツ) 私はかつて人肉を口にしたことはない

 第1位の坂田直樹(日本)は、1981年、京都市生まれ。2007年愛知県立芸術大学、2008年パリ・エコール・ノルマル音楽院をそれぞれ首席で卒業。2013年パリ国立高等音楽院にてステファノ・ジェルヴァゾーニのクラスを修了。2014年IRCAMにて研修を受ける。作品は武生国際音楽祭、Festival Musica、ロワイヨモン作曲講習会“Voix nouvelles”など、多数の音楽祭や企画で取り上げられている。桑原賞、SACEM賞、第36回入野賞受賞。2011年武生作曲賞、日本音楽コンクール作曲部門入選。2010〜2011年ローム ミュージック ファンデーション奨学生。現在、パリ在住。

コメント/トラックバック投稿 »



2017年5月22日

◆第9回「大阪国際室内楽フェスタ」、デュオ・プロコフィエフ・ダヴィティアン(ロシア)が優勝


 第9回「大阪国際室内楽フェスタ」の本選が5月21日に行われ、デュオ・プロコフィエフ・ダヴィティアン(ロシア)が優勝した。 
     
     金賞- デュオ・プロコフィエフ・ダヴィティアン(ロシア)

     銀賞- デュオ・フュナンビュル(フランス)

     銅賞- トリオ・エクリプス(スイス)

     第1部門(弦楽四重奏)
           
          1位 アイズリ・クァルテット(アメリカ)
          2位 ユリシーズ・クァルテット(アメリカ)
          3位 ヴィアノ・ストリング・クァルテット(アメリカ)

     第2部門(木管五重奏、サクソフォン四重奏、金管五重奏)

          1位 ザイーハ四重奏(フランス)
          2位 ニオベ・サクソフォン四重奏団(フランス)
          3位 パリ・ローカル金管五重奏団(フランス)
          3位 クンスト・クィンテット(ドイツ)

コメント/トラックバック投稿 »



2017年5月19日

◆佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定


 ヴァイオリニストの佐藤俊介(32歳)が、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定した。佐藤俊介は、2013年よりオランダ・バッハ協会のコンサートマスターを務めている。音楽監督の活動開始は2018年6月1日から。

 オランダ・バッハ協会は、毎年ナールドンで開かれる恒例のバッハ「マタイ受難曲」コンサートで有名。

 3歳より松戸の教室で、鷲見四郎の門下生となる。4歳から家族で米国ペンシルベニア州フィラデルフィアへ移住。幼稚園から高校までをアメリカで過ごす。ジュリアード音楽院プレカレッジ部門で学ぶ。

 2004年第15回「出光音楽賞」、2007年第9回「ホテルオークラ音楽賞」、2007年第62回「文化庁芸術祭レコード部門」大賞、2010年第17回「ヨハン・ゼバスティアン・バッハ国際コンクール」銀賞・聴衆賞、2010年第65回「文化庁芸術祭音楽部門新人賞」を受賞。

コメント/トラックバック投稿 »



2017年5月15日

◆第15回「NHK音楽祭2017」、9月9日、10月1日、11月9日、11月13日に開催


 第15回「NHK音楽祭2017」が、「人は歌い、奏でつづける」をテーマに、NHKホール(東京都渋谷区神南2-2-1)で4つのオーケストラが参加し開催される。

                              ◇

【NHK交響楽団】 

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ

9月9日(土) 開演:午後3時

モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」全2幕~演奏会形式(イタリア語上演・日本語字幕付)~

ドン・ジョヴァンニ:ヴィート・プリアンテ
騎士長:アレクサンドル・ツィムバリュク
ドンナ・アンナ:ジョージア・ジャーマン
ドン・オッターヴィオ:ベルナール・リヒター
ドンナ・エルヴィーラ:アネット・フリッチュ
レポレッロ:カイル・ケテルセン
マゼット:久保和範
ツェルリーナ:三宅理恵

合唱:東京オペラシンガーズ

【バイエルン国立管弦楽団】 

指揮:キリル・ペトレンコ(初来日)

10月1日(日) 午後3時 

マーラー:こどもの不思議な角笛

バリトン:マティアス・ゲルネ
    
ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」第1幕~演奏会形式(ドイツ語上演)~

ジークムント:クラウス・フロリアン・フォークト
ジークリンデ:エレーナ・パンクラトヴァ
フンディング:ゲオルク・ゼッペンフェルト

【チャイコフスキー交響楽団(旧モスクワ放送交響楽団)】

指揮:ウラディーミル・フェドセーエフ

11月9日(木) 午後6時

チャイコフスキー:歌劇「エフゲーニ・オネーギン」全3幕~演奏会形式(ロシア語上演・日本語字幕付)~

タチヤーナ:エカテリーナ・シチェルバチェンコ
エフゲーニ・オネーギン:ワシーリー・ラデュク
レンスキー:アレクセイ・タタリンツェフ
オリガ:アグンダ・クラエワ
ラーリナ:エレーナ・エフセーエワ
グレーミン公爵:ニコライ・ディデンコ
ほか

合唱:新国立劇場合唱団

【ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団】 

指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット

11月13日(月) 午後7時

ブラームス:ドイツ・レクイエム 

ソプラノ:クリスティーナ・ランツハーマー
バリトン:ミヒャエル・ナジ

合唱:ウィーン楽友協会合唱団

コメント/トラックバック投稿 »



2017年5月12日

◆「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017」、3⽇間で約42万2千⼈が来場


 5⽉4⽇(⽊・祝)から5⽉6⽇(⼟)までの3⽇間、東京国際フォーラムを中⼼に⼤⼿町・丸の内・有楽町エリア等において開催した「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017」は、延べ約42万2千⼈の来場者があった。

                              ◇

会 期:2017年5⽉4⽇(⽊・祝)〜5⽉6⽇(⼟)

会 場:東京国際フォーラム、⼤⼿町・丸の内・有楽町エリア等

      1. 来場者総数(延べ⼈数) 約422,000⼈

      2. チケット販売数(速報値) 115,778枚
   
      3. 出演者総数 2,501⼈
   
      4. 総公演等回数 326公演(回)
   

コメント/トラックバック投稿 »



2017年5月04日

◆「東京音楽コンクール」、本選が8月27日、8月29日、8月31日に開催


 新人演奏家の登竜門「東京音楽コンクール」(主催:東京文化会館/読売新聞社/花王/東京都)の本選が、8月27日(ピアノ)、8月29日(木管:フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット)、8月31日(弦楽:ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)に、東京文化会館で開催される。

 8月27日は梅田俊明 指揮 日本フィルハーモニー交響楽団、 8月29日は山下一史 指揮 東京交響楽団、 8月31日は角田鋼亮 指揮 東京フィルハーモニー交響楽団がそれぞれ競演する。

コメント/トラックバック投稿 »



2017年4月29日

◆ヴァイオリニストの前橋汀子、旭日小綬章を受章


 ヴァイオリニストの前橋汀子(73歳)が旭日小綬章を受章した。

 前橋汀子は、中学生時代からロシア語を独学し、17歳でレニングラード音楽院に留学。1963年に一時帰国した後、米国ニューヨーク州のジュリアード音楽院に留学。さらに渡欧して、スイスのモントルーにてヨゼフ・シゲティとナタン・ミルシテインに師事。その後、国際的に活躍し、ストコフスキーの指揮によりカーネギー・ホールで米国デビューを果たす。2004年日本芸術院賞受賞。2011年紫綬褒章受章。

コメント/トラックバック投稿 »



2017年4月28日

◆指揮者の沼尻竜典、紫綬褒章受章


 指揮者の沼尻竜典(52歳)が紫綬褒章を受章した。

 沼尻竜典は、東京都出身。桐朋学園大学を卒業後、ベルリン芸術大学に留学。1990年「ブザンソン国際指揮者コンクール」優勝。1993年―1998年新星日本交響楽団(2001年 に東京フィルハーモニー交響楽団と合併)正指揮者。1999年―2003年東京フィルハーモニー交響楽団正指揮者、2001年芸術選奨新人賞受賞。2003年―2006年名古屋フィルハーモニー交響楽団常任指揮者(第6代)。

 2003年―2008年日本フィルハーモニー交響楽団正指揮者。2008年―2014年大阪センチュリー交響楽団(現 日本センチュリー交響楽団)首席客演指揮者。2010年―2013年 群馬交響楽団首席指揮者兼芸術アドヴァイザー。2010年文化庁芸術祭優秀賞受賞。2011年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2011年 桐朋学園大学音楽学部指揮専攻専任教授に就任。2013年リューベック歌劇場音楽総監督。

コメント/トラックバック投稿 »



2017年4月28日

◆ルツェルン祝祭管弦楽団、10月6日~9日に来日公演


 リッカルド・シャイー指揮ルツェルン祝祭管弦楽団が10月6日~9日、来日公演を開催する。

    サントリーホール 2017年10月6日 (金) 19:00

    サントリーホール  2017年10月7日 (土) 17:00

    ミューザ川崎シンフォニーホール  2017年10月8日 (日) 15:00

    京都コンサートホール 2017年10月9日 (月・祝) 15:00

       
       【10月6日】

          ベートーヴェン:劇音楽「エグモント」序曲
                 :交響曲第8番
          ストラヴィンスキー: バレエ音楽「春の祭典」

       【10月7、8、9日】

          R.シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」
                   交響詩「死と変容」
                   交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」

コメント/トラックバック投稿 »



2017年4月26日

◆第9回「大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」、5月13日~21日に開催


 第9回「大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」(主催:日本室内楽振興財団)が、2017年5月13日(土)~21日(日)、いずみホール(大阪)において開催される。また、大阪披露演奏会が5月22日(月)いずみホール(大阪)、東京披露演奏会が5月23日(火)トッパンホール(東京)でそれぞれ開催される。

 「大阪国際室内楽コンクール&フェスタ」は、1992年に設立され、3年ごとに開催される。室内楽に取り組む優秀な音楽家を広く世界に求め、優れた演奏を顕彰し、人材を育成することを目的に開催する「大阪国際室内楽コンクール」と、年齢制限や課題曲がなく、楽器の種類も自由、西洋クラシック音楽はもとより、世界各国の伝統音楽・民族音楽をも対象とする「大阪国際室内楽フェスタ」からなる。

コメント/トラックバック投稿 »