クラシック音楽 新譜CD情報


2013年6月28日

★ボリス・ベレゾフスキーのラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/第3番

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/第3番

ピアノ:ボリス・ベレゾフスキー

指揮:ドミートリー・リス

管弦楽:ウラル・フィルハーモニー管弦楽団

録音:2005年8月、アルセナル文化センター

CD:KI‐KKC-5156

並はずれたテクニックと大きな音楽性、ベレゾフスキーの圧倒的なラフマニノフ。ボリス・ベレゾフスキー(1969年生まれ)は、モスクワ出身のロシアのピアニスト。モスクワ音楽院で学び、ロンドンでデビュー。1990年にチャイコフスキー国際コンクールでの優勝を果たす。大柄な体躯と超絶技巧に恵まれたロシア人ベレゾフスキーには、やはりラフマニノフの音楽が特に合っていると言える。ウラル・フィルは、1936年創設。エカテリンブルクを拠点とする。ロシアや東欧出身の作曲家の作品を得意とするが、現代音楽への理解も深い。1995年よりドミトリー・リスを指揮者に迎え、ロシアにおいて「年間最優秀オーケストラ」に選ばれている。

コメント記入欄