クラシック音楽 新譜CD情報


バックナンバー 2020年 2月

2020年2月17日

★サクソフォン:上野耕平のアドルフに告ぐⅡ


上野耕平

逢坂裕:ソプラノサクソフォンとピアノのためのソナタ エクスタシス (世界初録音)
フェルナンド・デュクリュック:ソナタ 嬰ハ調
アンリ・トマジ:バラード
フランク・マルタン:バラード
藤倉 大:ブエノ ウエノ (世界初録音)

サクソフォン:上野耕平

ピアノ:山中惇史

和太鼓:林 英哲

CD:日本コロムビア COCQ-85478

 サクソフォンの上野耕平(1992年生まれ)は、茨城県東海村出身。東京藝術大学器楽科に入学。第28回「日本管打楽器コンクール」サクソフォン部門において、第1位(史上最年少)ならびに特別大賞(内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、東京都知事賞)を受賞。2014年第6回「アドルフ・サックス国際コンクール」(ベルギー・ディナン)において、第2位を受賞。2014年「アドルフに告ぐ」(日本コロムビア)でCDデビュー。「The Rev Saxophone Quartet」および「ぱんだウインドオーケストラ」でコンサートマスターを務めている。

コメント/トラックバック投稿 »


2020年2月13日

★デュオROSCO(甲斐史子&大須賀かおり)による「アイヴズヴァイオリン・ソナタ全集」


甲斐史子

アイヴズ:ヴァイオリンとピアノのための4つのソナタ ソナタ

       第1番/第2番/第3番/第4番「野外伝道集会の子供の日」

演奏:デュオROSCO

        ヴァイオリン:甲斐史子

      ピアノ:大須賀かおり

CD:ALM RECORDS ALCD7248

 ヴァイオリンの甲斐史子は、桐朋学園音楽大学卒業、同大学研究科修了。第3回「江藤俊哉ヴァイオリンコンクール」第1位入賞。2001年8月、デュオ “ROSCO” を結成。デュオROSCOとして、現代音楽演奏コンクール〈競楽V〉第1位入賞、第12回「朝日現代音楽賞」受賞、2003年度「青山バロックザール賞」受賞。ドイツ・ダルムシュタットにて、「クライニヒシュタイナー賞」受賞。アンサンブル・ノマドメンバーとして、第2回「佐治敬三賞」受賞。クラシックからジャズ、ポピュラー、現代音楽に至るまで多彩なレパートリーを持ち、国内外の音楽祭、コンサートシリーズなどで公演。作品の魅力を引き出すダイナミックな演奏が高い評価を受けている。東京芸術大非常勤講師。

ピアノの大須賀 かおりは、桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒、同大学アンサンブルディプロマコース修了。第9回「日本室内楽コンクール」第2位。第5回「現代音楽演奏コンクール」競楽V優勝、第12回「朝日現代音楽賞」受賞、2003年度「青山バロックザール賞」受賞。ソロ、室内楽をはじめ多くの作曲家の作品初演やCD録音に携わり、これまでの初演作品数は300曲を超える。ジパングレーベルより4枚のアルバムと楽譜集をリリース。日本・フィンランド新音楽協会、日仏現代音楽協会会員。桐朋学園芸術短期大学、東京成徳短期大学、弥栄高校芸術科非常勤講師。

コメント/トラックバック投稿 »


2020年2月10日

★“川久保賜紀・遠藤真理・三浦友理枝トリオ”のショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第1番/第2番他


トリオ川久保

ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第1番 ハ短調 作品8
          ピアノ三重奏曲第2番 ホ短調 作品67
          2つのヴァイオリンとピアノのための5つの小品

ヴァイオリン:川久保賜紀
チェロ:遠藤真理
ピアノ:三浦友理枝

CD:エイベックス・クラシックス AVCLー84101

 ヴァイオリンの川久保賜紀は、アメリカ、ロサンゼルス生まれ。ロサンゼルスのコルボーン音楽院で学ぶ。その後、ジュリアード音楽院で学ぶ。1995年、16歳の時リューベック音楽院に留学しブロンに師事。ブロンがケルン音楽大学に移るとともに同大学に移る。1997年「エヴリー・フィッシャー賞」を受賞。2001年第6回「パブロ・サラサーテ国際ヴァイオリン・コンクール」第1位、2002年第12回「チャイコフスキー国際コンクール」最高位(第1位なしの第2位)。2004年「出光音楽賞」受賞。桐朋学園大学院大学(富山校)教授。

 チェロの遠藤真理は、神奈川県横浜市出身。2005年東京芸術大学を首席で卒業。2005年オーストリアのザルツブルク・モーツァルテウム大学に留学し、2007年マギスター課程を最高点で卒業。2003年第72回「日本音楽コンクール」第1位および徳永賞。2006年第58回「プラハの春国際音楽コンクール」第3位。2008年「エンリコ・マイナルディ国際コンクール」第2位。2009年第8回「齋藤秀雄メモリアル基金賞」受賞。ソリストとして活動しながら、2017年4月より読売日本交響楽団のソロ・チェロ奏者に就任。

 ピアノの三浦友理枝は、東京都大田区出身。2000年フェリス女学院高等学校卒業後、渡英。2005年英王立音楽院大学課程を首席で卒業。1995年第3回「 ゲッティンゲン国際ショパンコンクール」 第1位。1999年第3回「マリエンバート国際ショパンコンクール」 第1位( 最年少での受賞)。2001年第47回「 マリア・カナルス・バルセロナ国際音楽演奏コンクール」ピアノ部門第1位(最年少ファイナリスト賞)。2006年第15回「リーズ国際ピアノ・コンクール」特別賞受賞。2016年第26回「新日鉄住金音楽賞」フレッシュアーティスト賞受賞。

コメント/トラックバック投稿 »


2020年2月06日

★若き巨匠 イゴール・レヴィットのベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集


イゴール・レヴィット2

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第1番~第32番

ピアノ:イゴール・レヴィット

 CD:ソニーミュージックジャパン SICC-30533 ~41

 ピアノのイゴール・レヴィット(1987年生まれ)は、ロシア、ニジニーノヴゴロド出身。8歳のときに家族と共にドイツ移住。ハノーファー音楽演劇メディア大学で学ぶ。2005年「アルトゥール・ルービンシュタイン・コンクール」に最年少で参加し、銀メダル及び最優秀室内楽演奏賞、観客賞、最優秀現代音楽演奏賞を受賞。さらに2014年の「BBCミュージック・マガジン新人賞」、同年「ロイヤル・フィルハーモニック協会ヤング・アーティスト賞」、2016年グラモフォン・クラシック・ミュージック・アワードで「レコーディング・オブ・ザ・イヤー」と「器楽賞」、2018年「ギルモア・アーティスト賞」、同年「ロイヤル・フィルハーモニック協会年間最優秀器楽者賞」を受賞した。

コメント/トラックバック投稿 »


2020年2月03日

★佐渡 裕指揮トーンキュンストラ―管弦楽団のマーラー:交響曲第2番「復活」


佐渡裕
マーラー:交響曲第2番「復活」

ソプラノ:ダニエラ・ファリー
メゾソプラノ:エリーザベト・クールマン

合唱:スロヴァキア・フィルハーモニー合唱団

指揮:佐渡 裕

管弦楽:トーンキュンストラ―管弦楽団

録音:2019年5月15日~22日、ウィーン、ムジークフェラインザール(ライヴ収録)

CD:エイベックス・クラシックス AVCLー84104~5(2枚組)

 指揮の佐渡 裕は、1989年「ブザンソン指揮者コンクール」で優勝。1995年第1回「レナード・バーンスタイン・エルサレム国際指揮者コンクール」で優勝し、「レナード・バーンスタイン桂冠指揮者」の称号を授与される。近年で日本人としては恩師の小澤征爾以来のベルリン・フィルの2011年定期公演で指揮。そして2015年ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団首席指揮者・音楽監督に就任。

コメント/トラックバック投稿 »