クラシック音楽 新譜CD情報


バックナンバー 2013年7月12日

2013年7月12日

★復活を果たしたロシア出身のヴァイオリニスト ヴェンゲーロフのロンドンでの再起第1弾ライヴ録音


バッハ : パルティータ 第2番 ニ短調 BWV1004 
ベートーヴェン : ヴァイオリン・ソナタ 第9番 「クロイツェル」 
ヴィエニャフスキ : スケルツォ ~ タランテラ (アンコール) 
ブラームス : ハンガリー舞曲 第1番 (アンコール)

ヴァイオリン:マキシム・ヴェンゲーロフ

ピアノ: イタマール・ゴラン

録音 : 2012年4月5日、ロンドン、ウィグモア・ホール (ライヴ録音) 

CD:キング・インターナショナル KKC5292 (Wigmore Hall Live WHLIVE-0056)

 マクシム・ヴェンゲーロフ(1974年生まれ)は、ロシア出身のヴァイオリニスト。10歳でポーランドのリピンスキ・ヴィエニヤフスキ国際コンクールジュニア部門で優勝。1995年、プロコフィエフとショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲のCDにより、グラモフォン賞の年間最優秀賞と協奏曲部門最優秀賞を受賞。その後、米国でも演奏活動を行う。2007年に右肩を故障し、2008年から演奏活動を休止した。2011年から再びヴァイオリンの演奏活動を再開し、2012年からはロンドンで王立音楽アカデミーの客員教授を務めている。 日本には2012年10月に来日し、東京・京都でリサイタルを行った。このアルバムは、日本より一足先に行ったロンドン、ウィグモア・ホールでのライヴ録音。曲目は来日時の演目、J.S.バッハのパルティータ第2番とベートーヴェンのクロイツェル・ソナタ。

★復活を果たしたロシア出身のヴァイオリニスト ヴェンゲーロフのロンドンでの再起第1弾ライヴ録音 はコメントを受け付けていません。