クラシック音楽 新譜CD情報


バックナンバー 2018年 10月

2018年10月15日

★山田和樹の東京オリンピック・パラリンピックへ向けてのシリーズ“世界のアンセム(愛唱歌)プロジェクトRoad to2020”第1弾


山田和樹2

<DISC1>

第一次世界大戦の連合国の国歌によるパラフレーズ(ロシア・セルビア・モンテネグロ・フランス・イギリス・ベルギー・日本)
威風堂々 第1番(イギリス)
英国国歌 「女王陛下万歳」(イギリス)
ラ・マルセイエーズ(フランス)
バレエ音楽『ラ・ペリ』より「ファンファーレ」(フランス)
歌劇『アイーダ』より「凱旋行進曲」(イタリア)
ドイツ国歌 「ドイツの歌」(ドイツ)
ワルツ「美しく青きドナウ」(オーストリア)
オーストリア国歌 「山河の国、大河の国」(オーストリア)
交響詩「フィンランディア」(フィンランド)
フィンランド国歌 「わが祖国」(フィンランド)
2つのスウェーデンの旋律より第2曲(スウェーデン)

<DISC2>

ヨーロッパ賛歌(ヨーロッパ)
アメリカン・サリュート(アメリカ合衆国)
アメリカ合衆国国歌 「星条旗」(アメリカ合衆国)
アメリカ合衆国国歌 「星条旗」(アメリカ合衆国)
カナダ国歌 「おおカナダ」 英語版(カナダ)
カナダ国歌 「おおカナダ」 仏語/英語版(カナダ)
バレエ音楽『エスタンシア』より「マランボ」(アルゼンチン)
祝典序曲「1812年」(ロシア)
日本国国歌 「君が代」 オーケストラ版(日本)
日本国国歌 「君が代」 オーケストラ+合唱版(日本)

指揮:山田和樹

管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団

合唱指揮:山田 茂

合唱:東京混声合唱団

録音:2017年3月21日-23日 秦野市文化会館

CD:キングレコード KICC-1402~3

 「音楽は国を超える!歴史を超える!」をコンセプトに、2020年、東京オリンピック・パラリンピックへ向けてシリーズ化する、山田和樹の“世界のアンセム(愛唱歌)プロジェクトRoad to2020”の第1弾。

コメント/トラックバック投稿 »


2018年10月11日

★ファジル・サイのドビュッシー:前奏曲集第1巻/サティ:グノシェンヌ&ジムノペディ


ファジル・サイ2

ドビュッシー:前奏曲集第1巻(デルフィの舞姫たち、帆、野を渡る風、音と香りは夕暮れの大気に漂う、
                  アナカプリの丘、雪の上の足跡、西風の見たもの、亜麻色の髪の乙女、
                  とだえたセレナード、沈める寺、パックの踊り、ミンストレル)
サティ:6つのグノシェンヌ(Lent、Avec etonnement、Lent、Lent、Modere、
                 Avec conviction et avec une tristesse rigoureuse)
3つのジムノペディ(Lent et douloureux、Lent et triste、Lent et grave)

ピアノ:ファジル・サイ

録音:2016年3月11~16日、ザルツブルク、モーツァルテウム大ホール

CD:エイベックス・クラシックス AVCL‐25973

 ピアノのファジル・サイ(1970年生れ)は、トルコ、アンカラ出身。アンカラ国立音楽学院でピアノと作曲を学ぶ。17歳でデュッセルドルフのシューマン音楽院に留学。1992年からベルリン音楽院で学ぶ。1994年「ニューヨーク・ヤング・コンサート・アーティスト国際オーディション」で優勝し、国際的な演奏活動をスタート。演奏家としてだけでなく、作曲家としても活動している。16歳で作曲した”Black Hymns”は、ベルリン建都750周年記念行事で演奏され、1991年には「ヴァイオリンとピアノのための協奏曲」をベルリン交響楽団と自ら初演した。1996年には、ボストンでピアノ協奏曲第2番「シルクロード」を初演。トルコ文化庁の委嘱によるオラトリオ「ナーズム」は、トルコ人の詩人ナーズム・ヒクメットの詩をベースに作曲され、2001年アンカラで、トルコ大統領アフメト・ネジデト・セゼル臨席のもと初演された。度々来日し、日本でのファンも多い。

コメント/トラックバック投稿 »


2018年10月08日

★パリ管首席指揮者のダニエル・ハーディング指揮スウェーデン放送響によるマーラー:交響曲第9番


ダニエル・ハーディング

マーラー:交響曲第9番

指揮:ダニエル・ハーディング

管弦楽:スウェーデン放送交響楽団

録音:2016年9月8日~10日、スウェーデン、ストックホルム、ベルワルトホール

CD:キングインターナショナル KKC5883

 指揮のダニエル・ハーディング(1975年生れ)は、イギリス、オックスフォード出身。 1994年バーミンガム市交響楽団を指揮してデビューを果たす。 2003年ザルツブルク音楽祭に登場。2002年「シュヴァリエ勲章」を受賞。2003年マーラー室内管弦楽団初代音楽監督、2007年スウェーデン放送交響楽団音楽監督、2012年軽井沢大賀ホール初代芸術監督、2016年パリ管弦楽団首席指揮者にそれぞれ就任。

コメント/トラックバック投稿 »


2018年10月04日

★2010年「エリザベート王妃国際音楽コンクール」優勝者 デニス・コジュヒンのブラームス:ピアノ独奏曲集


デニス・コジュヒン2

ブラームス:主題と変奏 op.18b
       バラード集op.10(Ⅰ.ニ短調/Ⅱ.ニ長調/Ⅲ.ロ短調/Ⅳ.ロ長調)
       幻想曲集 op.116(Ⅰ.奇想曲 ニ短調/Ⅱ.間奏曲 イ短調/Ⅲ.奇想曲 ト短調/
                Ⅳ.間奏曲 ホ長調/Ⅴ.間奏曲 ホ短調/Ⅵ.間奏曲 ホ長調/Ⅶ.奇想曲 ニ短調)

ピアノ:デニス・コジュヒン

CD:キングインターナショナル KKC5892

 ピアノのデニス・コジュヒン(1986年生れ)は、ロシアのニージニー・ノヴゴロド出身。バラキレフ音楽学校で学ぶ。2009年リスボンの「ヴァンドーム・コンクール」で第1位、「リーズ国際コンクール」では3位入賞した。2010年「エリザベート王妃国際音楽コンクール」で優勝。2011年、初来日し絶賛を博す。

コメント/トラックバック投稿 »


2018年10月01日

★2017年スイス・ロマンド管弦楽団音楽監督に就任したジョナサン・ノット指揮東京交響楽団演奏会(ライヴ録音)


ジョナサン・ノット2

マーラー:交響曲第10番
ブルックナー:交響曲第9番

指揮:ジョナサン・ノット

管弦楽:東京交響楽団(音楽監督:ジョナサン・ノット)

収録:2018年4月、ミューザ川崎シンフォニーホール/サントリーホール(ライヴ録音)

CD:オクタヴィア・レコード OVCL‐00668(2枚組)

 指揮のジョナサン・ノット(1962年生れ)は、イギリス、ウェスト・ミッドランズ州ソリフルの出身。 ケンブリッジ大学で音楽学を専攻したのち、ロイヤル・ノーザン音楽大学で声楽とフルートを学ぶ。後に指揮に転向。フランクフルト歌劇場などでカペルマイスターを務めた後、2000年バンベルク交響楽団の首席指揮者に就任。ベルリン・フィルなど欧州の主要オーケストラに客演。2014年東京交響楽団第3代音楽監督に就任。2017年スイス・ロマンド管弦楽団音楽監督に就任。

コメント/トラックバック投稿 »