クラシック音楽 新譜CD情報


2018年9月13日

★読売日本交響楽団のソロ・チェロ奏者に就任した遠藤真理のドヴォルザーク:チェロ協奏曲


遠藤真理

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲
アザラシヴィリ:無言歌(チェロとチェロ・アンサンブルのための編曲:小林幸太郎)

チェロ:遠藤真理

指揮:小林研一郎

管弦楽:読売日本交響楽団

収録:2017年7月、東京芸術劇場(ライヴ録音)

CD:avex CLASSICS AVCL‐25972

 チェロの遠藤真理は、神奈川県横浜市出身。2005年東京芸術大学を首席で卒業。2005年オーストリアのザルツブルク・モーツァルテウム大学に留学し、2007年マギスター課程を最高点で卒業。2003年第72回「日本音楽コンクール」第1位および徳永賞。2006年第58回「プラハの春国際音楽コンクール」第3位。2008年「エンリコ・マイナルディ国際コンクール」第2位。2009年第8回「齋藤秀雄メモリアル基金賞」受賞。ソリストとして活動しながら、2017年4月より読売日本交響楽団のソロ・チェロ奏者に就任。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年9月10日

★2017年フランス国立管弦楽団音楽監督に就任したエマニュエル・クリヴィヌによる ドビュッシー:「海」「映像」


  エマニュエル・クリヴィヌ

ドビュッシー:交響詩「海」 3つの交響的エスキス (1909年版)
        管弦楽のための「映像」
        交響詩「海」第3楽章:風と海との対話-終結部(ファンファーレ付)

指揮:エマニュエル・クリヴィヌ

管弦楽:フランス国立管弦楽団

CD:ワーナーミュージック・ジャパン WPCS13768

 指揮のエマニュエル・クリヴィヌ(1947年生れ)は、フランス、グルノーブ出身。パリ音楽院、エリザベート王妃音楽院で学ぶ。ヴァイオリニストとして活躍する一方、1976年から1983年までフランス放送新フィルハーモニー管弦楽団(現フランス放送フィルハーモニー管弦楽団)の首席客演指揮者として経験を積む。1981年から1983年までロレーヌ・フィルハーモニー管弦楽団(現ロレーヌ国立管弦楽団)の音楽監督を務めた後、1987年にはリヨン国立管弦楽団音楽監督に就任。2004年には古楽器オーケストラであるラ・シャンブル・フィラルモニークを創設。2006年から2015年までルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務めた。2017年フランス国立管弦楽団の音楽監督に就任。このCDでは、「海」の改訂版(1909年)による全曲に加え、1905年のオリジナル版から第3部のファンファーレの部分も収録されている。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年9月06日

★2017年9月ロンドン交響楽団首席指揮者・音楽監督に就任したサイモン・ラトルのドビュッシー : 歌劇 「ペレアスとメリザンド」


サイモン・ラトル

ドビュッシー : 歌劇 「ペレアスとメリザンド」 (全曲)

指揮:サイモン・ラトル

管弦楽:ロンドン交響楽団

メリザンド : マグダレーナ・コジェナー (ソプラノ)
ペレアス : クリスティアン・ゲルハーヘル (バリトン)
ゴロー : ジェラルド・フィンリー (バス=バリトン)
ジュヌヴィエーブ : ベルナルダ・フィンク (メゾ・ソプラノ)
ほか

合唱:ロンドン交響楽団合唱団

録音 : 2016年1月9~10日、バービカン・ホール (ライヴ録音)

CD:キングインターナショナル KKC-5894~7(3SACD Hybrid + 1 Blu-ray Disc Audio)

 指揮のサイモン・ラトル(1955年生れ)は、イギリス出身。2002年9月から2018年6月までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者兼芸術監督を務めた。2017年9月からはロンドン交響楽団の首席指揮者・音楽監督。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年9月03日

★イザベル・ファウストとクリスティアン・ベザイデンホウトのバッハ : ヴァイオリン・ソナタ集


イザベル・ファウスト

バッハ : ヴァイオリン・ソナタ集 (オブリガート・チェンバロとヴァイオリンのためのソナタ集)

<Disc 1>

   第1番 ロ短調 BWV1014
   第2番 イ長調 BWV1015
   第3番 ホ長調 BWV1016

<Disc 2>

   第4番 ハ短調 BWV1017
   第5番 ヘ短調 BWV1018
   第6番 ト長調 BWV1019

ヴァイオリン:イザベル・ファウスト

チェンバロ:クリスティアン・ベザイデンホウト

CD:キングインターナショナル KKC5880

 ヴァイオリンのイザベル・ファウストはドイツ出身。1987年アウグスブルクの「レオポルト・モーツァルト・コンクール」、93年「パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクール」で第1位。ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全集とバッハの無伴奏集の録音で高い評価を得ている。現在、世界を代表するヴァイオリニストの一人。

 チェンバロのリスティアン・ベザイデンホウト(フォルテピアノ)は、1979年ドイツ系オランダ人の両親のもと、南アフリカに生まれる。2001 年に、21歳で「ブリュージュ国際古楽コンクール」の第1 位と聴衆賞を獲得。イギリスのヘラルド紙で「現代最高のフォルテピアノ奏者」と評される。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年8月30日

★今最もヨーロッパで活躍するヴィオラ奏者 ニルス・メンケマイヤーらによるモーツァルト:室内楽集


ニルス・メンケマイヤー2

モーツァルト:ピアノ、クラリネットとヴィオラのための三重奏曲 変ホ長調 K.498「ケーゲルシュタット・トリオ」
        ヴァイオリン・ソナタ ハ長調 K.14 (ヴィオラとピアノのためのヴァージョン)
        ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 ト長調 K.423
        ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調 K.30 (ヴィオラとピアノのためのヴァージョン)
        転調する前奏曲 K. deest (ピアノ・ソロ)
        「ロンドンのスケッチブック」 K.15より [ウィリアム・ヨン編]
            (1)第32番 ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏 K.15gg
            (2)第15番 ヴィオラとピアノのための間奏曲K.15p
            (3)第16番 クラリネットとヴィオラのための二重奏K.15q
            (4)第23番 クラリネット、ヴィオラとピアノのための二重奏 K.15x
        「泉のほとりで(ああ、恋人を失えり)」による6つの変奏曲 ト短調 K.360

ヴィオラ:ニルス・メンケマイヤー

ピアノ:ウィリアム・ヨン

クラリネット:ザビーネ・マイヤー

ヴァイオリン:ユリア・フィッシャー

CD:ソニーミュージックジャパン SICC30481

 今最もヨーロッパで活躍するヴィオラ奏者、ニルス・メンケマイヤーによる、「ケーゲルシュタット・トリオ」を中心に、アレンジ作品も含めてヴィオラでモーツァルトの魅力が堪能できる新録音。ヴィオラのニルス・メンケマイヤーは1978年ドイツ、ブレーメンの生まれ。2006年「ドイツ音楽コンクール」、2005年「ORF国際ヴィオラ・コンクール」で優勝、2005年「カール・フレッシュ賞」、「プリムローズ・ヴィオラ・コンクール」優勝など輝かしい受賞歴の持ち主。WDRケルン放送交響楽団首席奏者を経てソリストに転向。現在、ハイデルベルク・フィルハーモニー管弦楽団のアーティスト・イン・レジデンスを務め、2017年「リューゲン春の音楽祭」の音楽監督を務めた。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年8月27日

★2014年「ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール」で第2位の青木尚佳のCDデビュー盤


青木尚佳

モーツァルト(クライスラー編):ロンド(「ハフナー・セレナーデ」より)
クライスラー:プレリュードとアレグロ、美しきロスマリン、愛の悲しみ、愛の喜び、ウィーン風小行進曲
R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 op.18
R.シュトラウス(プシホダ編):歌劇「ばらの騎士」より “ワルツ”

ヴァイオリン:青木尚佳

ピアノ:中島由紀

録音:2017年10月4日、Hakuju Hall(ライヴ録音)

CD:フォンテック FOCD9778

 ヴァイオリンの青木尚佳は、東京都出身。2014年「ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール」で第2位受賞、併せてコンチェルトの最良の解釈に贈られるモナコ大公アルベール二世賞を受賞。また同年10月、中国・チンタオで行われた第4回「中国国際ヴァイオリンコンクール」にて第2位受賞。2015年7月に受賞記念リサイタルを東京の浜離宮朝日ホールで開催。2016年「仙台国際コンクール」において第3位。これは青木尚佳のCDデビュー盤。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年8月23日

★小倉貴久子のフォルテピアノによるモーツァルトとJ.C.バッハのクラヴィーア協奏曲集


小倉貴久子

モーツァルト:クラヴィーア協奏曲 第15番 変ロ長調 K.450
ヨハン・クリスティアン・バッハ:クラヴィーア協奏曲 ニ長調 作品13-2
モーツァルト:クラヴィーア協奏曲 第27番 変ロ長調 K.595

フォルテピアノ:小倉貴久子

管弦楽:ピリオド楽器による室内オーケストラ

CD:ALM RECORDS ALCD1176

 フォルテピノの小倉貴久子は、東京都出身。アムステルダム音楽院卒業、東京藝術大学大学院修了。 1995年「ブルージュ国際古楽コンクール」のフォルテピアノ部門において第1位と聴衆賞を受賞。平成24年度「文化庁芸術祭」レコード部門〈大賞〉(CD「イギリス・ソナタ」)受賞。このCDは、2012年以来継続している、小倉貴久子の「モーツァルトのクラヴィーアのある部屋」第30回記念演奏会のライヴ録音。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年8月20日

★若手実力派(2010年「エリザベート王妃国際音楽コンクール」覇者)コジュヒンが山田和樹と共演


デニス・コジュヒン

ラヴェル:ピアノ協奏曲
ガーシュイン:ピアノ協奏曲
ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲

ピアノ:デニス・コジュヒン

指揮:山田和樹

管弦楽:スイス・ロマンド管弦楽団

録音:2017年7月、ジュネーヴ、ヴィクトリア・ホール

CD:キングインターナショナル KKC-5893

 ピアノのデニス・コジュヒン(1986年生れ)は、ロシアのニージニー・ノヴゴロド出身。バラキレフ音楽学校で学ぶ。2009年リスボンの「ヴァンドーム・コンクール」で第1位、「リーズ国際コンクール」では3位入賞した。2010年「エリザベート王妃国際音楽コンクール」で優勝。2011年、初来日し絶賛を博す。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年8月16日

★伊ヴァイオリン界の巨匠、ジョヴァンニ・グリエルモのメモリアル盤


ヴィバルディ

ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 「お気に入り」 Rv.277
          独奏ヴァイオリンとエコー・ヴァイオリンのための協奏曲 イ長調 Rv.552
レスピーギ:リュートのための古風な舞曲とアリア 第3組曲
ポレーナ:ヴィヴァルディ

ヴァイオリン:ジョヴァンニ・グリエルモ

合奏:東京ヴィヴァルディ合奏団

CD:マイスター・ミュージック MM‐4036

 わが国のバロック演奏を牽引する東京ヴィヴァルディ合奏団と2017年に逝去したヴァイオリンのジョヴァンニ・グリエルモの共演盤。ジョヴァンニ・グリエルモは、イタリア合奏団の創設者で、ポリーニ音楽院の院長、オリンピコ劇場の芸術監督などを務め、イタリア・ヴァイオリン界を代表する重鎮として知られていた。

コメント/トラックバック投稿 »



2018年8月13日

★気鋭の個性派スペシャリスト4人によるメシアン:世の終わりのための四重奏曲


メシアン:世の終わりのための四重奏曲

メシアン:世の終わりのための四重奏曲

       第1楽章 水晶の典礼/第2楽章 世の終わりを告げる天使のためのヴォカリーズ
       第3楽章 鳥たちの深淵/第4楽章 間奏曲
       第5楽章 イエスの永遠性への賛歌/第6楽章 7つのトランペットのための狂乱の踊り
       第7楽章 世の終わりを告げる天使のための虹の混乱/第8楽章 イエスの不滅性への賛歌

録音:2017年8月28~30日、ベルリン、Siemensvilla

クラリネット:マルティン・フレスト
ピアノ:リュカ・ドゥバルグ
ヴァイオリン:ジャニーヌ・ジャンセン
チェロ:トーレイヴ・テデーン

CD:ソニーミュージックジャパン SICC30482

 メシアン:世の終わりのための四重奏曲は、クラリネット、ピアノ、ヴァイオリン、チェロという楽器編成で書かれ、初演は1941年1月15日に収容所内で行われた。クラリネットのマルティン・フレストは、1970年スウェーデン生まれでクラリネットの魔術師の異名をもつ名手。ピアノのリュカ・ドゥバルグは、1980年生まれのフランス人で2015年チャイコフスキー・コンクールで頭角を現した鬼才。ヴァイオリンのジャニーヌ・ヤンセンは1978年オランダ生まれの実力派。チェロのトーレイヴ・テデーンは1962年スウェーデン生まれのベテラン。

コメント/トラックバック投稿 »