クラシック音楽 新譜CD情報


2021年3月18日

★イリーナ・メジューエワのバッハ:インヴェンションとシンフォニア


イリーナ・メジューエワ

バッハ:2声のインヴェンション BWV772-786
    3声のシンフォニア BWV787-801

ピアノ:イリーナ・メジューエワ

CD:若林工房 WAKA4219

 ピアノのイリーナ・メジューエワ(1975年生れ)は、ロシア、ゴーリキー(現在のニジニ・ノヴゴロド)出身。グネーシン音楽学校でヴラディミール・トロップに師事。1992年ロッテルダムで開催された第4回「エドゥアルト・フリプセ国際ピアノ・コンクール」で優勝。 以後、ヨーロッパ諸国で演奏活動を行う。1997年から日本の京都を本拠とし、全国各地で演奏活動を展開。2006年度「青山音楽賞」受賞。2015年第27回「ミュージック・ペンクラブ音楽賞」受賞。2017年初の著書「ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ」が講談社現代新書より刊行された。京都市立芸術大学音楽学部専任講師。このCDは、メジューエワの2020年の録音(2020年6月、新川文化ホール<富山県魚津市>)で、初録音となるバッハの:インヴェンションとシンフォニア。

コメント/トラックバック投稿 »



2021年3月15日

★ギターの朴葵姫、自身初となるセルフプロデュース作品をリリース


朴 葵姫

イサーク・アルベニス :セビーリャ~「スペイン組曲」第1集 Op.47より
ナポレオン・コスト:旅立ち -劇的幻想曲- Op.31
フェルナンド・ソル:12の練習曲 Op. 6 – 第11番 ホ短調
アルベニス:コルドバ(夜想曲)~「スペインの歌」 Op.232より第4曲
エンリケ・グラナドス(P.ペゴラロ編) :詩的なワルツ集
ヴィラ=ロボス:ショーロNo.1
フランシスコ・タレガ:前奏曲No.5 ホ長調
イサーク・アルベニス : カタルーニャ奇想曲~組曲「スペイン」Op.165より第5曲
グスタフ・マーラー(佐藤弘和編):アダージェット~交響曲第5番より第4楽章

ギター:朴葵姫

CD:日本コロムビア COCQ-85521

 ギターの朴葵姫(パク・キュヒ)は、1985年韓国仁川生まれ。3歳の時、横浜にてギターを始める。2004年東京音楽大学に入学。2005年「韓国ギター音楽コンクール」優勝。2007年「ドイツ・ハインツベルグ国際ギターコンクール」第1位及び聴衆賞を受賞。ベルギー「ギターの春 2008コンクール」第1位(コンクール史上アジア人そして女性として初めて)、「リヒテンシュタイン国際ギター・コンクール」第1位。2009年「スペイン・ルイス・ミラン 国際ギターコンクール」第1位など、主要ギター・コンクールでの優勝・受賞が続く。このCDは、デビュー10周年を迎え、自身初となるセルフプロデュース作品を韓国にてリリースし、同時に日本のファンに向けて、国内盤としてリリース。

コメント/トラックバック投稿 »



2021年3月11日

★巨匠ペレーニ、バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲 約40年ぶりの再録音盤


ミクローシュ・ペレーニ

<Disc1>

第1番 ト長調 BWV1007
第4番 変ホ長調 BWV1010
第5番 ハ短調 BWV1011

<Disc2>

第2番 ニ短調 BWV1008
第3番 ハ長調 BWV1009
第6番 ニ長調 BWV1012

チェロ:ミクローシュ・ペレーニ

CD:キングインターナショナル KKC-6298~9

 チェロのミクローシュ・ペレーニ(1948年生まれ)は、ハンガリー、ブダペスト出身。7歳でフランツ・リスト音楽院に入学、9歳で演奏会を開く。1960年からローマに留学し、エンリコ・マイナルディに師事。1963年にブダペストで開催された「カザルス国際チェロコンクール」に入賞したことでパブロ・カザルスに認められ、1965年、翌1966年にカザルスのマスタークラスに招待され、マールボロ音楽祭にも参加する。1974年からリスト音楽院で教え、1980年には教授となる。1978年に初来日を果たして以来、度々来日。これまで各地でのリサイタルのほか、NHK交響楽団、札幌交響楽団等と共演。バッハの無伴奏全曲の1度目のセッション録音は当時33歳だった1981年に実現。ディスクのリリースを目的として全6曲を揃えてのセッションは約40年ぶり(71歳)の再録音。

コメント/トラックバック投稿 »



2021年3月08日

★「ニューイヤー・コンサート2021」 リッカルド・ムーティ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


ムーティ

<CD 1>

第1部

ファティニッツァ行進曲[オペレッタ「ファティニッツァ」より](スッペ)
ワルツ「音波」 作品148(ヨハン・シュトラウス2世)
ニコ殿下のポルカ 作品228 (ヨハン・シュトラウス2世)
ポルカ・シュネル「憂いもなく」 作品271 (ヨーゼフ・シュトラウス)
ワルツ「坑夫ランプ」(ツェラー)
ギャロップ「贅沢三昧」[オペレッタ「キスのリハーサル」のモティーフによる] (ミレッカー)

第2部

歌付き喜劇「詩人と農夫」 序曲 (スッペ)
ワルツ「バーデン娘」 作品257(コムザーク)
マルゲリータ・ポルカ 作品244(ヨーゼフ・シュトラウス)

<CD 2>

ヴェネツィア人のギャロップ 作品74 (ヨハン・シュトラウス1世)
ワルツ「春の声」 作品410 (ヨハン・シュトラウス2世)
ポルカ・フランセーズ「クラップフェンの森で」 作品336 (ヨハン・シュトラウス2世)
新メロディ・カドリーユ 作品254 (ヨハン・シュトラウス2世)
皇帝円舞曲 作品437 (ヨハン・シュトラウス2世)
ポルカ・シュネル「恋と踊りに夢中」 作品393[オペレッタ「女王のレースとハンカチーフ]のモティーフによる] (ヨハン・シュトラウス2世)

アンコール

狂乱のポルカ 作品260 (ヨハン・シュトラウス2世)
新年の挨拶[リッカルド・ムーティの英語によるスピーチ]
ワルツ「美しく青きドナウ」 作品314 (ヨハン・シュトラウス2世)
ラデツキー行進曲 作品228 (ヨハン・シュトラウス1世/ウィーン・フィル編)

指揮:リッカルド・ムーティ

管弦楽:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 毎年1月1日に行なわれるウィーン・フィルの「ニューイヤー・コンサート」。このCDは、2021年1月1日、ウィーン、ムジークフェラインザールでのライヴ・レコーディング。2021年は、2010年以来シカゴ響音楽監督をつとめる巨匠リッカルド・ムーティが、1993、1997、2000、2004、2018年に次いで3年ぶり6回目の登場。

コメント/トラックバック投稿 »



2021年3月04日

★若きマエストロ 太田 弦のデビュー盤 シューベルト:交響曲 第8番「ザ・グレイト」


太田 弦

シューベルト:交響曲 第8番「ザ・グレイト」

指揮:太田 弦

管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団

録音:2020年7月17~18日、東京・すみだトリフォニーホール(ライヴ録音)

CD:オクタヴィアレコード OVCL-00742

 指揮の太田 弦(1994年生まれ)は、札幌市出身。札幌西高校から東京藝術大学に進学し、同大学音楽学部指揮科及び同大学院音楽研究科指揮専攻修士課程を卒業。指揮を尾高忠明、高関健、作曲を二橋潤一に師事。 2015年「東京国際音楽コンクール(指揮)」で、2位及び聴衆賞を受賞。 2019年4月より大阪交響楽団正指揮者。このCDは、若手指揮者の筆頭と目される、太田弦のデビュー・アルバム。

コメント/トラックバック投稿 »



2021年3月01日

★アンドリス・ネルソンス指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のブルックナー:交響曲 第2番 /第8番、ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲


UCCG-45001_wCC_extralarge-1-300x300

<CD 1>

ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
ブルックナー:交響曲 第2番 ハ短調

<CD 2>

ブルックナー:交響曲 第8番 ハ短調

指揮:アンドリス・ネルソンス

管弦楽:ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

CD:ユニバーサル ミュージック UCCG 4501~2

 指揮のアンドリス・ネルソンス(1978年生れ)は、ラトビア、リガ出身。ラトビア国立歌劇場管弦楽団の首席トランペット奏者を務め、マリス・ヤンソンスなどより指揮を学ぶ。ラトビア国立歌劇場首席指揮者、北西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者、バーミンガム市交響楽団首席指揮者・音楽監督を歴任。そして2014年ボストン交響楽団音楽監督に就任し一躍世界の注目を集める。2018年ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団カペルマイスターに就任。2020年10月にゲヴァントハウス管弦楽団が、アンドリス・ネルソンスのカペルマイスターの任期を2027年まで延長すると同時に、ボストン交響楽団がアンドリス・ネルソンスの音楽監督の任期を2025年まで延長した。

コメント/トラックバック投稿 »



2021年2月25日

★ベルリン・フィルによるマーラー:交響曲全集


ベルリン・フィル マーラー全集2

マーラー:交響曲全集(第1番~第10番)

指揮:ダニエル・ハーディング(第1番)
   アンドリス・ネルソンス(第2番)
   グスターボ・ドゥダメル (第3、5番)
   ヤニック・ネゼ=セガン(第4番)
   キリル・ペトレンコ(第6番)
   サー・サイモン・ラトル(第7、8番)
   ベルナルド・ハイティンク(第9番)
   クラウディオ・アバド(第10番アダージョ)

管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

録音:2011~2020年

CD:キングインターナショナル KKC-9612~25 (10CD+4 Blu-ray)

 ベルリン・フィルによるマーラーの音楽世界、発見の旅。ハーディング、ネルソンス、ドゥダメル、ネゼ=セガン、ペトレンコ、ラトル、ハイティンク、アバドが指揮するベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のマーラー:交響曲全集。大巨匠たちの成熟した演奏と若い世代の新鮮な演奏が聴ける。[ダウンロード・コード]この商品には、上記全曲のハイレゾ音源 (24bit/ 48kHz) をダウンロードするためのURLとそのパスワードが封入されている。[デジタル・コンサートホール]ベルリン・フィルの映像配信サービス「デジタル・コンサートホール」を7日間無料視聴できるチケット・コードが封入されている。

コメント/トラックバック投稿 »



2021年2月22日

★ピアノ三重奏団「トリオ・エスパス」のデビュー盤


トリオ・エスパス

クララ・シューマン:ピアノ三重奏曲ト短調 作品17
ドヴォルザーク:ピアノ三重奏曲第3番 ヘ短調 作品65

ピアノ三重奏:トリオ・エスパス

         ヴァイオリン:相川麻里子
         チェロ:植木昭雄
         ピアノ:佐藤勝重

CD:ALM RECORDS ALCD-7257

 ピアノ三重奏:トリオ・エスパスは、同じ時期に共にフランスで学んだ同い年の三人で、2011年に結成。自由な音楽表現を多くの人と共有する空間・時間を持ちたいという思いが、トリオ名のEspace(空間、時間、宇宙の意味を持つフランス語)に込められている。2011年から毎年「Fête des Vendanges 〜収穫祭〜」と題したコンサートを継続して開催している。定期公演は第10回を迎え、また、このCDがデビュー盤となる。

 ヴァイオリンの相川麻里子:第4回ヴィエニャフスキ国際コンクールジュニアの部第5位。第62回日本音楽コンクール第3位。東京藝術大学附属高校を経て東京藝術大学を卒業。藝大在学中の 1994年、パリ国立高等音楽院に首席入学、フランス政府給費留学生として留学。

 チェロの植木昭雄:6歳よりチェロを始める。桐朋学園女子高等学校音楽科(共学)を経て、桐朋学園大学に入学。1994年、第4回日本室内楽コンクールチェロとピアノのデュオ部門で入賞、桐朋学園大学在学中の1994年10月、フランスのリヨン国立高等音楽院に留学。

 ピアノの佐藤勝重:桐朋学園女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業後渡仏。その後パリ国立高等音楽院を1等賞、パリ・エコール・ノルマル音楽院の高等演奏家課程を賞賛つき満場一致で卒業。全日本学生音楽コンクール全国大会優勝。

コメント/トラックバック投稿 »



2021年2月18日

★若きピアノ三重奏団「トリオ・ヴェントゥス」のシューベルト&ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲


トリオ・ヴェントゥス

シューベルト:ピアノ三重奏曲 第2番 変ホ長調 作品100, D929
ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲 第2番 ホ短調 作品67

ピアノ三重奏:トリオ・ヴェントゥス

          ヴァイオリン:廣瀬心香
          チェロ:鈴木皓矢
          ピアノ:北端祥人

CD:日本アコースティックレコーズ NARD-5074

 ピアノ三重奏のトリオ・ヴェントゥス(Trio Ventus)は、同時期にドイツ・ベルリンを留学の地として活動していた音楽家たちにより、日本への活動拠点を移すのを境に、2019年の秋に結成された。「VENTUS」はラテン語で「風」を意味する。同じ土地の「風」を浴びた三人による、三者三様の「風」の重なりを聞いて欲しい、という思いから名付けられた。スタイリッシュでエモーショナルな演奏スタイルが特徴で、これからのさらなる活動が期待されている。

 ヴァイオリンの廣瀬心香は、桐朋女子高等学校を経て、桐朋学国大学を首席卒業。ドイツ国立ベルリン芸術大学学士課程、修士課程を共に最高位で修了。チェロの鈴木皓矢は、桐朋学園大学チェロ科首席卒業。バルセロナのリセウ音楽院にてルイス・クラレット氏のもとで研鏡を積み、その後渡独。ハンス・アイスラー音楽大学ベルリン修士課程を修了。ピアノの北端祥人は、大阪府出身。京都市立芸術大学、同大学院を首席で修了後渡独し、ドイツ国立ベルリン芸術大学修士課程ソリスト科を経て、同大学室内楽科を終了。

コメント/トラックバック投稿 »



2021年2月15日

★河村尚子 ”ベートーヴェン・プロジェクト” 完結編


河村尚子

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第26番 「告別」
        ピアノ・ソナタ 第27番
        ピアノ・ソナタ 第29番 「ハンマークラヴィーア」

ピアノ:河村尚子

CD:ソニーミュージック SICC-19052

 ピアノの河村尚子は、兵庫県西宮市出身。5歳で渡独。ハノーファー音楽演劇大学で学ぶ。同大学在学中の2006年「ミュンヘン国際コンクール」第2位、2007年「クララ・ハスキル国際コンクール」で優勝し一躍世界の脚光を浴びる。2009年度「出光音楽賞」「新日鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞」「日本ショパン協会賞」、2012年「芸術選奨新人賞」、2013年「ホテルオークラ音楽賞」を受賞。このCDは、河村尚子が2年がかりで取り組んだ「ベートーヴェン・プロジェクト」の3枚目にして完結編となるアルバム。

コメント/トラックバック投稿 »