クラシック音楽 新譜CD情報


2020年12月17日

★現代最高のバリトン歌手 マティアス・ゲルネのベートーヴェン:歌曲集


マティアス・ゲルネ

ベートーヴェン:ゲレルトの詩による6つの歌 作品48

            第1曲:願い/第2曲:隣人の愛/第3曲:死について
            第4曲:自然における神の栄光/第5曲:神の力と摂理/
            第6曲:懺悔の歌

        あきらめ WoO.149
        希望に寄せて 作品32
        遠い国からの歌 WoO.137
        五月の歌 作品52の4
        愛する男 WoO.139
        嘆き WoO.113
        希望に寄せて 作品94
        アデライーデ 作品46
        悲しみの喜び 作品83の1
        休息の歌 作品52の3
        愛人に寄す WoO.140
        連作歌曲《遥かなる恋人に》 作品98

             第1曲:丘の上に腰をおろし/第2曲:灰色の霧の中から/
             第3曲:天空を行く軽い帆船よ/
             第4曲:天空を行くあの雲も/第5曲:五月はもどり/
             第6曲:愛する人よ、あなたのために

CD:ユニバーサルミュージック  UCCG‐40098

バリトン:マティアス・ゲルネ

ピアノ:ヤン・リシエツキ

 バリトンのマティアス ゲルネ(1967年生まれ)は、ドイツ、ワイマール出身。ライプツィヒ音楽大学で学び、ベルリンフィッシャー・ディスカウに師事し、リート歌手としてデビュー。ピアニストのアシュケナージ、内田光子、ブレンデル、エッシェンバッハ、指揮者のアバド、ブーレーズ、ノリントン、ハイティンクなどと共演を重ねる。1997年オペラ「魔笛」のパパゲーノ役でザルツブルク音楽祭にデビュー、聴衆の絶賛を浴びる。’99年カーネギーホールにデビュー。シューベルトの3大歌曲集「白鳥の歌」「美しき水車小屋の娘」「冬の旅」などを得意とする。ドイツ・リート界の第一人者で、シュワルツコプ、フィッシャー・ディスカウの後継者として注目を集める。

 ピアノのヤン・リシエツキ(1995年生まれ)は、カナダ、カルガリー出身。両親はポーランド人。わずか9歳でオーケストラ・デビューを果たす。2008年、2009年と2年連続でワルシャワのショパンおよびそのヨーロッパ国際音楽祭に招かれ、ショパンの協奏曲第1番と第2番を演奏し、聴衆そして評論家から絶賛を博す。この公演は、ポーランド放送によりラジオ中継され、その内容を収めたCDが、ポーランド国立ショパン協会の自主レーベルとして2010年初頭にリリースされ、2010年「ディアパゾン・ドール賞」を受賞。2013年、クラシック音楽界のオスカーとも呼ばれる「グラモフォン・アワード」において、「ヤング・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞。

コメント/トラックバック投稿 »



2020年12月14日

★ギターの名手 ティボー・ガルシアの「アランフェス協奏曲」ほか


ティボー・ガルシア

ロドリーゴ:「アランフェス協奏曲」
デ・ラ・マーサ:「犠牲」「サパテアード」「ロンディーニャ」「エル・ビート」
タンスマン:ロベール・ド・ヴィゼーの主題による宮廷の音楽
ド・ヴィゼー:テオルボとリュートのための小品 ~ 組曲イ短調

ギター:ティボー・ガルシア

指揮:ベン・グラスバーグ

管弦楽:トゥールーズ・カピトール国立管弦楽団

CD:ワーナーミュージックジャパン 9029.523571

 ギターのティボー・ガルシアは、フランス、トゥールーズ出身。7歳でギターを弾き始める。スペイン人の血統を持ち、トゥールーズに学ぶ。ルノー・グラスのクラスで室内音楽の学位と、パウル・フェレのクラスで特待生としてギターの学位取得。16歳でパリ国立高等音楽・舞踏学校(CNSMDP)に入学し、オリヴィエ・シャサンに師事して優秀な成績で学士号を得た。数多くの国際コンクールで入賞を果たす。そして、2013年「セビリアの国際コンテスト」優勝、2014年スペインの「ホセ・トマス国際コンテスト」優勝し、現在、世界で演奏活動を展開している。

コメント/トラックバック投稿 »



2020年12月10日

★2018年「ジュネーヴ国際コンクール」優勝者 テオ・フシュヌレのベートーヴェン:ピアノ・ソナタ「ハンマークラヴィーア」「ワルトシュタイン」


テオ・フシュヌレ2

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第29番「ハンマークラヴィーア」
        ピアノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」

ピアノ:テオ・フシュヌレ

CD:キング・インターナショナル LDV80

 ピアノのテオ・フシュヌレは、1994年生まれ。パリ国立高等音楽院で、プラネス、ジャン=フレデリック・ヌーブルジェらに師事。2013年「ガブリエル・フォーレ国際コンクール」第1位。2018年、トリオ・メシアンのメンバーとして「リヨン国際室内楽コンクール」で第1位および5つの特別賞を受賞。そして2018年「ジュネーヴ国際コンクール」で第1位。

コメント/トラックバック投稿 »



2020年12月07日

★2019年「ミュンヘン国際音楽コンクール」チェロ部門優勝者 佐藤晴真のブラームス作品集


佐藤晴真

ブラームス:チェロ・ソナタ 第2番 ヘ長調 作品99

      メロディーが導くように作品105-1
      森に覆われた山の上から作品57-1
      死、それは涼しい夜 作品96-1
      子守歌 作品49-4

チェロ:佐藤晴真

ピアノ:大伏啓太

CD:ユニバーサル ミュージック UCCG-1879

 チェロの佐藤晴真(1998年生まれ)は、名古屋市出身。第 83 回「日本音楽コンクール」チェロ部門第 1 位および徳永 賞・黒柳賞、第 13 回「ドメニコ・ガブリエリ・チェロコンクール」第 1 位、2018 年「ルトスワフスキ国際チェロ・コンクー ル」第 1 位および特別賞を受賞。そして、2019年、長い伝統と権威を誇る「ミュンヘン国際音楽コンクール」チェロ部門において日本人として初めて優勝して、一躍国際的に注目を集める。このCDは、世界へと羽ばたいた逸材チェリスト佐藤晴真のデビュー盤。

コメント/トラックバック投稿 »



2020年12月03日

★神尾真由子、6年ぶりのソロ・アルバム バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ(全曲)


神尾真由子

バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ(全曲)

      パルティータ第1番 ロ短調 BWV 1002
      パルティータ第2番 ニ短調 BWV 1004
      パルティータ第3番 ホ長調 BWV 1006

ヴァイオリン:神尾真由子

CD:ソニーミュージック SICC19051

 ヴァイオインの神尾真由子(1986年生れ)は、大阪府豊中市出身。10歳でソリストとしてデビュー。2000年ニューヨークへ留学。「ヤング・コンサート・アーティスツ国際オーディション」で第1位を獲得。2002年日本に戻り、桐朋女子高等学校初の特待生となる。2003年第13回「出光音楽賞」を受賞。2004年「ダヴィッド・オイストラフ国際ヴァイオリン・コンクール」で第1位。2007年第13回「チャイコフスキー国際コンクール」ヴァイオリン部門で優勝(ヴァイオリン部門での日本人の優勝は1990年の諏訪内晶子以来2人目)。

コメント/トラックバック投稿 »



2020年11月30日

★五嶋みどりのベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲とロマンス


五嶋みどり

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品61
        ロマンス(ヴァイオリンと管弦楽のための)ト長調作品40
        ロマンス(ヴァイオリンと管弦楽のための)ヘ長調作品50

ヴァイオリン:五嶋みどり

管弦楽:ルツェルン祝祭弦楽合奏団(リーダー:ダニエル・ドッズ)

CD:ワーナーミュージック・ジャパン WPCS-13834

 ヴァイオリンの五嶋 みどりは、大阪府枚方市出身。1982年、母に連れられて渡米、ジュリアード音楽院においディレイ教授の下でヴァイオリンを学ぶ。同年、11歳で、ズービン・メータ指揮のニューヨーク・フィルハーモニックと協演して米国デビューを果たす。当時、日本でも「天才少女デビュー」と話題を集めた。2007年より、日本人として初めて国連ピース・メッセンジャーを務める。「みどり教育財団」を改組した特定非営利活動法人「ミュージック・シェアリング」を運営。

コメント/トラックバック投稿 »



2020年11月26日

★「リリー・ラスキーヌ国際ハープコンクール」優勝者 山宮るり子 明るい未来への祈りを込めたハープの調べ


ovct_00155

ハープ:山宮るり子

ヴァイオリン:奥村 愛

スメタナ:モルダウ(連作交響詩「わが祖国」より第2曲)
加藤昌則:ケルト・スピリッツ
ボクサ:ロッシーニの歌劇「セビリアの理髪師」より「そっと静かに」に基づくロンド
C.P.E.バッハ:ハープ・ソナタ ト長調 Wq.139
グルック:精霊の踊り(歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」より)
グラナドス:オリエンタル(スペイン舞曲集 作品37より第2番)
ドビュッシー:月の光(ベルガマスク組曲より第3曲)
ラ・プレール:雨に濡れた庭
グランジャニー:ラプソディ 作品10

CD:オクタヴィア・レコード OVCL-00731

 ハープの山宮るり子は、新潟県出身。4歳の時からアイリッシュハープ、8歳になって初めてグランドハープに取り組む。中学校1年生の時に、飯森範親指揮・東京交響楽団と共演。2004年第16回「日本ハープコンクール」アドバンス部門第3位。新潟清心女子高等学校卒業後、渡独。ハンブルク音楽演劇大学を首席で卒業後、同大学院にてドイツ国家演奏家資格を最優秀の成績にて取得。在学中の2009年第58回「ミュンヘン国際音楽コンクール」ハープ部門で日本人として初となる2位並びに2つの特別賞を受賞。2011年第7回「リリー・ラスキーヌ国際ハープコンクール」で優勝を飾り、こちらも日本人初の快挙。2012年より、ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団の首席ハーピストを務める。

コメント/トラックバック投稿 »



2020年11月23日

★山田和樹指揮読売日本交響楽団のマーラー:交響曲第1番「巨人」/花の章(ライヴ録音)


山田和樹2

マーラー:交響曲第1番「巨人」
      花の章

指揮:山田和樹

管弦楽:読売日本交響楽団

収録:2020年2月1日~2日、東京芸術劇場(ライヴ録音)

CD:日本コロムビア COCQ-85512

 指揮の山田和樹(1979年生れ)は、神奈川県秦野市出身。東京芸術大学音楽学部指揮科卒業。2009年「ブザンソン国際指揮者コンクール」で優勝。2010年から2017年までスイス・ロマンド管弦楽団の首席客演指揮者を務める。2014年東京混声合唱団音楽監督に就任。2016年東京混声合唱団理事長職を兼務。2016年モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団芸術監督兼音楽監督に就任。2018年バーミンガム市交響楽団首席客演指揮者に就任。2018年読売日本交響楽団首席客演指揮者に就任。

コメント/トラックバック投稿 »



2020年11月19日

★IL DEVUファン待望の5年ぶりの新アルバム「LOVE CHANGES EVERYTHING」


ildevu

夜明けのうた
いのちの理由


花は咲く
夕焼け
アンパンマンのマーチ
ラヴ・チェンジズ・エブリシング
ユー・アー・ソー・ビューティフル
ポル・ウナ・カベサ
ケ・セラ・セラLOVE CHANGES EVERYTHING

男声合唱/ピアノ:IL DEVU(イル・デーヴ)

CD:日本コロムビア COCQ-85504

 IL DEVU(イル・デーヴ)は、総重量約500kgの重量級クラシック・ボーカル・グループ。メンバーは、普段オペラ歌手として第一線で活躍しているテノールの望月哲也、大槻孝志、バリトンの青山 貴、バスバリトンの山下浩司とピアニストの河原忠之による太メン5人。2013年にデビューアルバム「DEBUT」、1年間の充電期間を経て2ndアルバム「NUKUMORI」そして、5年の時を経て、全国各地のIL DEVUファン待望のアルバム「LOVE CHANGES EVERYTHING」をリリース。

コメント/トラックバック投稿 »



2020年11月16日

★ルドルフ・ブーフビンダーのベートーヴェン: ピアノ協奏曲第1番/創作主題による6つの変奏曲


ブーフビンダー

ベートーヴェン: ピアノ協奏曲第1番
        創作主題による6つの変奏曲Op.34

ピアノ:ルドルフ・ブーフビンダー

指揮:クリスティアン・ティーレマン

管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

録音:2016年12月(ライヴ録音)

CD:ユニバーサルミュージック UCCG40109

 ピアノのルドルフ・ブーフビンダー(1946年生まれ)は、オーストリア出身。5歳でウィーン国立音楽大学に入学して8歳でマスタークラスを履修し、同大学の最年少記録を打ち立てる。9歳で最初の公開演奏会を開いた。1966年「ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール」において特別賞を、1967年「ベートーヴェン・ピアノコンクール」第1位。当初はとりわけ室内楽演奏に携わり、1961年には、ウィーン三重奏団の一員として「ミュンヘン国際音楽コンクール」で第1位となった。1976年ハイドンのピアノ曲全曲録音によって「グランプリ・デュ・ディスク」を受賞。レパートリーは幅広く、古典派やロマン派のほかに、20世紀音楽にまでわたっているが、とりわけベートーヴェンの専門家として名高い。

コメント/トラックバック投稿 »