クラシック音楽 新譜CD情報


バックナンバー 2013年3月28日

2013年3月28日

★読売日本交響楽団の新コンサートマスター 日下紗矢子のバッハ


バッハ:ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ ホ短調 BWV.1023
    :シャコンヌ~無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 BWV.1004より
    :ヴァイオリン協奏曲第2番 ホ長調 BWV.1042
    /ウィルヘルミ編:G線上のアリア
    :アリオーソ~チェンバロ協奏曲第5番 ヘ短調 BWV.1056 第2楽章
    /コダーイ編:リュートのための前奏曲 BWV.999

ヴァイオリン:日下紗矢子

ピアノ:オリヴァー・トリエンデル

管弦楽:ベルリン・コンツェルトハウス室内オーケストラ

録音:2012年7月19日、杜のホールはしもと/2012年10月2-3日、コンツェルトハウス、ベルリン

CD:日本コロムビア

 ヴァイオリンの日下紗矢子は、兵庫県出身。1997年、東京芸術大学に入学。同年、エリザベート王妃国際音楽コンクールで入賞。1998年、ミケランジェロ・アバド国際ヴァイオリン・コンクールで1位なしの第2位。1999年、大阪芸術祭に参加し、奨励賞受賞。2000年、第47回パガニーニ国際コンクールで第2位、第69回日本音楽コンクールで第1位、第8回シベリウス国際ヴァイオリン・コンクールで第3位。2001年、東京芸術大学を首席で卒業し、デビューリサイタルを開く。南メソジスト大学およびフライブルク音楽大学へ留学。2008年からベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団(旧ベルリン交響楽団)の第1コンサートマスターを務める。2008年度出光音楽賞受賞。2009年、ベルリン・コンツェルトハウス室内管弦楽団のリーダーに就任。2013年4月より読売日本交響楽団コンサートマスターに就任。現在、ベルリン在住。

★読売日本交響楽団の新コンサートマスター 日下紗矢子のバッハ はコメントを受け付けていません。


2013年3月28日

★ハイティンク&ロンドン交響楽団のベートーヴェン : 交響曲全集


ベートーヴェン : 交響曲全集(第1番~第9番)/三重協奏曲/「レオノーレ」序曲 第2番

指揮:ベルナルト・ハイティンク

管弦楽:ロンドン交響楽団

ソプラノ:トワイラ・ロビンソン
メゾ・ソプラノ:カレン・カーギル
テノール:ジョン・マック・マスター
バス:ジェラルド・フィンリー

合唱:ロンドン・シンフォニー・コーラス

ヴァイオリン:ゴルダン・ニコリッチ
チェロ:ティム・ヒュー
ピアノ:ラルス・フォークト

録音 : 2005年11月、2006年4月、ロンドン、バービカン・ホール (ライヴ録音)

CD:キング・インターナショナル KKC5261~6(Hybrid SACD6枚)

 巨匠ハイティンクが、近年客演を重ねているロンドン交響楽団を指揮したベートーヴェンの交響曲全集。これは、2005年から2006年にかけて行われたコンサート・シリーズの模様をライヴ収録したもの。コンセルトヘボウ管との全集録音以来、ハイティンクにとっておよそ20年ぶりの新録音となる。

コメント/トラックバック投稿 »